青春回顧録20

最近、気になるというか憧れるというか、
いいな~と思うのは、
あんまり興味もないし共感もできないけど、
なんか最後まで見ちゃった、読んじゃった、聞いちゃった、
ということ。

ウチの子供たちがユーチューバーにはまってまして。
最近の子供たちの「将来の夢」の
上位には決して来ないけど、
10位あたりには食い込んでくるユーチューバー。
ウチの子たちもよく見てますし、
お母さんも一緒に見て!となることも多いのですが。
ある玩具紹介を専門にしている方がいらっしゃるんですが、
全然私の興味のある分野じゃないのに
ついつい最後まで見ちゃうんですよね。
顔は出さなくて、画面に出るのは
玩具といつもきれいに爪を切りそろえた手だけなんですが。
抑揚のある特徴的な話し方で
とにかく玩具の紹介と感想を述べてるだけなんですが、
なんか面白い。
全然知らないキャラクターのフィギュアの塗装がどうだとか
フォルムがどうだとか躍動感がどうだとか言われても
よくわからないんですが、なんか見てしまう。
ガチャガチャの中身に一喜一憂する様子見ても、
何がアタリで何がハズレなのかもわからないんですけどね、
なんか見てしまう。
こう言ってはなんですが、他の方の玩具紹介の動画を見ると
彼の面白さにより気づいてしまいます。
で、先日子供たちがテンに
「お父さんいちばん好きなユーチューバー誰?」という質問を。
テンがその玩具紹介の彼を即答していて、
「お母さんも!」と思わず言いました。
夫婦ともに玩具に興味ないのになー。

サニーデイの田中さんはラーメン評論家でもいらっしゃるんですが、
私はラーメンの奥深さはわからないし、
そんなにラーメン店に行ったことありません。
でも田中さんのお話、面白いんですよね。
名前が出てくるお店も1件たりとも行ったことなくて、
自分にとって勉強になってるとも思えないんですけど、
めっちゃ集中して聴いてしまう、読んでしまう。
トークショー、たくさん人が集まるのわかるなぁって感じで。
そして、この方がサニーデイのベースを担当していることに
納得したり。
それこそこんな人が隣のクラスにいたら、
あの人何なんやろって気になってしまうわ、きっと。
サニーデイの時はほとんど喋らない方なんですけどね。

玩具紹介の彼も田中さんも、きっと表現が独特だったり、
語彙が豊富だったり、そもそも感性が鋭かったりするのでしょうが、
(そしてちょっとヘンな人だったりするのでしょうが)
何より「本当に好き」が根底にあって、
そこに惹きつけられるのかなぁと思ったりします。
ここで私の話をするのはおこがましいんですが、
この青春回顧録も、そんなバンド知らないし興味もないし、
何言ってるのかわからなくて共感もできない、
でもなんか全部読んじゃった、っていうそんなのだったらいいなぁと。
ちょっとでもそういう感じになれたらいいなぁと憧れているわけです。
まあ私のは紹介じゃなくてただの回顧録なんで
そもそも別物なんですけど。

長い前置きになりましたが、さて本題。
たとえば、野球でもテニスでも剣道でも将棋でも何でもいいんですが、
学生時代に部活に本気で取り組んだ仲間がいる方多いと思います。
私がいちばん部活に励んだのは高校生の時です。
別に部活じゃなくてもいいんですけど。
そういう昔一緒に同じことを一生懸命やった仲間と
長く別々の生活をして、久しぶりにちょっと会って話したり
ちょっとプレイしてみたりするのって、なんか特別ですよね。
昔に戻ったみたいな気持ちになって、
懐かしいね、楽しいね、変わったね、変わってないねって。
昔一緒に喜んだり苦しんだり我慢したりした仲間としか
味わえないものってあると思います。
そしてそういうのは、
当時と同じ仲間で
当時と同じように時間を費やして
当時と同じようにエネルギーも費やして
当時と同じように苦しんで悩んでっていうのとは
わけが違うと思います。

『Sunny』は「ふたたび出逢えた喜びを胸に」なアルバムでしたが、
サニーデイしか活動していない晴茂くん、
サニーデイが自分のメインだという田中さん、
(たぶん仕事量ではなく、気持ちの話だと思いますが)
その2人と違って、
曽我部さんはサニーデイはあくまで表現のひとつって感じでした。
実際、ソロ、ソカバン、時々サニーデイだったと思います。
解散前、サニーデイしか表現する場がなかったことが
曽我部さんが苦しい原因のひとつだったと思うし、
それぐらいでちょうどいいのかも、
とか大人になった私は思ってました。
時々会って、懐かしいね、楽しいねって。
聴く側の私も懐かしいね、楽しいねって。

『Sunny』の頃、サニーデイはサポートメンバーを入れずに、
3人だけでライブをすることが多くなりました。
お客さんからすれば、すげーヘタだなってだけかもしれないけど、
今3人で音を出したいって。
装飾を剥いで、曲の核になる部分だけを演奏したいって。
昔と違って、音を間違えることに神経質にならずに
とにかく3人で音を出すことに大きな意味があるって感じでした。
渋谷公会堂でも3人だけのライブをやったりとか。
そしていつのまにか、ソロ、ソカバン、時々サニーデイだった
その比重が変わっていったように思います。

3人だけのライブの動画をいくつか見ていて、
この『今日を生きよう』を
私も学生の頃、この曲ライブで聴いたなぁとか思いながら
観てたんですが。
思わぬ展開になって、夜中にひとり声をころして笑うことに。
口笛からギターの間奏の後、
「いちばん奥の部屋で~」って歌が始まるはずが、
曽我部さん歌わない。
2人があれ?どうしようってなってるんですが、
次のタイミングで歌いだすのかと思ったら、
曽我部さん、まさかのジャーンって終わっちゃう。
もう歌い切ったつもりだったようで。
それに合わせて咄嗟にちゃんと終わらせる2人はさすがですが、
とにかく可笑しくて。
まあ私はこの曲をよく知ってるし、
サニーデイをよく知ってるから可笑しいんでしょうけど。
それはさておき、この時の晴茂くん、
元気そうに見えるのですが
この2カ月後にはライブを欠席するようになり、
半年後に期間未定で離脱が発表されました。




『今日を生きよう』といえば、うどん。
サニーデイのことを
「ああ、うどんの人たちね」と言ってたのは誰だったかな?
見たのか、聞いたのか、読んだのかも思い出せないけど。
今は田中さんはラーメンの人ですけどね。
私、ケンゾーを妊娠してつわりの嵐の中にいた頃、
おいしい讃岐うどんが食べたくて仕方なかったんですよね。
その時はできれば冷たくてすっぱいのがよかったんですが。
すだちおろしうどんとか。
妊娠中の食べたいって「食べたいなぁ」とかじゃなくって、
飢えた獣みたいにもう本当に食べたいんですよね。
毛布にくるまって、うどんで頭がいっぱい。
このMVも思い出したりしながら。
曽我部さんは香川県の方です。

『今日を生きよう』(1998年)





スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。何かと器用で飄々とした小学4年生。
次男(セン次):7歳。小学1年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking