青春回顧録19

我が家のある市、インフルエンザが流行ってて
学級閉鎖があちこちで出てるそうなんですが、
マル太の小学校、セン次の幼稚園、
どちらも全くの無事です。
ただの乗り遅れで後から来ませんように。
セン次、あと1カ月ですし。

さて、続き。
大学生の頃に一緒にサニーデイのライブへ行った
Nちゃんもそうでしたが、
サニーデイの音楽を「癒される」と言う人がいます。
大学のYくんの友達の女の子も
「りるび。ちゃんってサニーデイ好きなんやろ?癒されるもんね」
と言ってました。
2ndの『東京』に確かにそういう感じがあるのかもしれないけど、
私はその感覚がわかりませんでした。
ドキドキはしたけど、「癒された」ことなんてなかったので。
当時は「癒し系」とかいう言葉が流行ったりして、
「癒し」という意味が多様化してた面もあるし、
それでそういうことを言う人たちがいたのかもしれないけど。
そして私はその流行が好きではなかった、
ということもあるかもしれないけど。
もちろん人によって感じ方は違うし、
感想に正解なんてないから
「人は人、私は私」でいいんですけど。
ただ、2014年に4年ぶりにリリースされた
9thアルバムについてはそれに近い感じがありました。
「ふたたび出逢えた喜びを胸に」全開?
なんせ楽しそうで、安産だったのではと推測できるアルバム。
詞も日常の中にあるものを切り取ったみたいで、
少し曽我部さんのソロに近いのかなという印象でした。
ちなみに2014年、私はすでに3児の母でした。


9thアルバム『Sunny』(2014年10月、11曲)

晴茂くんの呼びかけでスタートしたアルバムだそう。
(でもその数カ月前にはもう辞めると連絡があったそうなので、
本当に不安定なんだなと思ったりします)
サニーデイのジャケットなのに曽我部さんが微笑んでる。
夏っぽいジャケットで、中身も夏の曲が多いんですが10月。
夏に作って秋に出ちゃう。
これもインディーズならではですよね、たぶん。
ネットで9thアルバムの発売を知ったのですが、
その時に久しぶりに見た3人の写真を見て、びっくり。
晴茂くんの髪が肩まである。
曽我部さんは長かったり短かったり
いろいろ変わるから何も思わないんですけどね。
伸ばしたのかな?伸びちゃったのかな?と
余計な心配をしてしまいました。

曽我部さんいわく、「いかんせん地味」なアルバム。
ラジオで流れたら、今の何だったの?
っていう感じだそうですが、わかる(笑)
個人的には最後3曲が大好き。
特に『夏のような人』って3分もない短い曲があるんですが、
まぶしい曲で本当に本当に大好き。

曽我部さんのインタビューの中の言葉で印象に残ったのが、
「とにかく2人に委ねたい」。
自分が作った曲を聴いて自然にできたものがいい、
だったかな?
(サニーデイはいわゆるプリプロダクションを行わないバンドらしく、
アレンジ練って練習してレコーディングに臨むのではなく、
スタジオで初めて曽我部さんの歌を聴いて、
まずやってみるというスタイルだそうです。
いっぱいやっても結局最初がいちばんよかったりするので、
プリプロは無駄なんだとか)
とにかくこの頃の曽我部さんは「サニーデイ最高!」だった。
2人が自分の作る曲とサニーデイを大好きだということに
疑う余地はない、田中と晴茂くんは素晴らしいって言ってて、
2人に気持ち悪がられるくらい
「ふたたび出逢えた喜びを胸に」だった。
でもほんと、3人で演奏することが嬉しいというのが
伝わってくるアルバムだと思う。
曽我部さん、この時は
昔のヒリヒリしたものは永遠に欠落したままでいい、
これからは3人で寛げる音楽をやっていくんだって
言ってたんですよね。

このアルバムを聴いた人たちの感想を
最近になって読んだのですが・・・
こんなサニーデイ聴きたくなかった、
ノスタルジーはもういらない、
早く2000年の続きを見せてくれ、
そんな感想を目にしました。
2014年当時の私がこれを読んでいたなら、
これが40代になったサニーデイでいいやん!
聴く側のこっちだって同じ年数歳とってるんやし!
って思ったと思う。
今もその気持ちはあるし、『Sunny』が大好き。
もう『Sunny』みたいなアルバムは今後ないと思うし。
でも、そういう感想を持った人たちの
サニーデイ愛に感嘆もしてしまう。
そういう人たちはサニーデイを「思い出」になんて
してしまわなかった人たちなんだなというのが分かるから。

『夏は行ってしまった』(『Sunny』から)
これは2012年に12年ぶりにリリースされたシングル。
といっても、ライブ会場とレーベルのオンラインショップ限定で、
一般の店頭には並んでませんが。
『魔法』の次にこんなシングルが出るなんて、
2000年の私に教えてあげたい。
ほんと、いかんせん地味(笑)
好きだけど。
新規のリスナー獲得は目的じゃないな~。
このMV、解散前の映像だけで出来てます。


『愛し合い 感じ合い 眠り合う』(『Sunny』から)
これは最初のテイクが採用された曲。
たくさん録ったそうですが、
結局うろ覚えでどたどたどしい1発目をOKにしたそうです。
小慣れたテイクにはない何かがあるって。
愛のある演奏だなぁと思う。



長くなってますが、もうひとつおまけ。
このアルバムに『アビーロードごっこ』という
シングルが入っているのですが、
この曲が桑田佳祐が選ぶ2014年シングル20(だったかな?)の
11位にランクインしたそうです。
すげーよ、レニー・クラヴィッツと大瀧詠一合わせたみたい、
(私はユーミンぽいと思ったけど)
不思議な代理コード使ってるけどかっこいい、大好き、
と評価されていました。
(ちょっと逸れますが、音楽を本当に愛してる人は
ちゃんと歌謡曲も聴いて評価するからすごいな~と思います。
偏見なんてなし。いいものはいい。ジャンルなんて関係なし。)
で、そんな『アビーロードごっこ』は
田中さんのベースの存在感がすごい名曲なのですが、
シングルなのに(これも店頭には並ばなかったけど)、
しかもあの桑田さんに選ばれたっていうのに、
MVなるものが存在しないのか
YouTube検索しても何も出てこない。
もっとプロモーションすればいいのに。
とか言いながら、
そんなこと思ってないんですけどね。



スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

>鍵コメさん(Mさん)

コメントいただき、ありがとうございます!
調子はいかがですか?

ちょうどさきほど、
1週間ほどかけてチマチマと書いた記事を更新したところで、
そこにも書いてるのですが。
サニーデイをおすすめしたり、
共感してもらおうという意図は全く持たずに書いてますので、
そこに関するコメントを絞り出していただかなくていいです!
共感してもらえるとも思ってないので。
なんせただの私の回顧録だもんで(笑)

Mさんの昔のお話もぜひ!
自分の青春は自分しか語れない、
今回この一連の記事を書き続けて実感しています。
共感じゃなくてもそこに何か感じてくれる人がいるかもしれないし、
いなかったらいなかったで、自分のためにやってることなので
全てOK!という気持ちです。
誰にどう思われようとこれが私の青春だと
自信を持って言えますので。
そうじゃないとこんなひとりよがりなこと
何カ月も続けてられません(笑)
Mさんもぜひ!楽しみにしています!
Secret

プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。何かと器用で飄々とした小学4年生。
次男(セン次):7歳。小学1年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking