スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青春回顧録13

今年のサンタさんからのプレゼント。


マル太。
リクエスト通り天体望遠鏡。
最大倍率90倍。
まだピント調整の練習中で使えてませんが、
月や土星の環や木星の模様が見えたら感動です。
私は土星は体験済みです。
本はおまけ。


セン次。
第一希望の「うまれてウーモ」は手に入らず。
第二希望の恐竜のラジコン。
本人が思っていたものはクリスマスに間に合わず、
こちらをプレゼント。
ティラノサウルスとトリケラトプスが戦えて、
気に入った様子でホッとしてます。


ケンゾー。
リクエスト通り「プラレールおしゃべりパーシー」。
ウチは男の子3人ですが、本気のトーマス好きはケンゾーだけ。
3人目にしてプラレールが増えてくなー。



さて続き。

曽我部さんを追わなくなって、
サニーデイもアルバム単位で聴くことがなくなった。
春になったらあの曲が聴きたいな、
冬だからこの曲聴こうとか
1曲拾って聴くのが普通になっていました。
アルバムまるごとは思い出したくないことまで
思い出してしまいそうで聴けなくなってたのかな。
青春なんてもう懲り懲り、みたいな。
その頃は音楽自体から少し離れてたような気がします。
広告代理店の仕事が忙しくて、
帰ったら夜中、朝起きて仕事、
という日々だったせいもあると思いますが。

時は流れて、
私はパニック障害を悪化させて入院したり、
でもなんとか自分で自分を扱えるようになり、
結婚して妊娠して広告代理店を退社して
2007年9月にマル太を産みました。
もう曽我部さんがどんな活動をしているかも
よく分かってなかったと思うし、
サニーデイを聴いて懐かしさはあっても
胸が苦しくなるということはなかった気がします。
ただ『FUTURE KISS』と『LOVE ALBUM』は
ずっと聴かないままでしたが。

そして私はマル太が生まれてから2年くらい、
あまり良い精神状態ではありませんでした。
専業主婦になったことや、初めての育児、
産後クライシスとか、まあいろいろ。
基本的に幼い人間なので、
いろいろと時間がかかったタイプです。

そんな中、2008年4月頃。
何を思って調べてみたのかは全く憶えていませんが、
とにかく曽我部さんのホームページを開きました。
(その年の3月に姉の結婚式で東京へ行ったので、
なんとなくサニーデイを思い出す日々だったのかも??)
そこに曽我部恵一BAND(以下ソカバン)が
結成4年目にして初のスタジオアルバムリリース!
みたいなことがありました。
アルバム出てなかったんやとびっくりしましたが
(ライブ中心のバンドなのでしょう)
素直に聴いてみようかなと思えました。
それがリリース直前だったかリリース直後だったか、
とにかくかなりタイムリーで、
これも何かの縁かな~と思った憶えがあります。


『キラキラ!』
仲が良さそう。
サニーデイのジャケットとは全然違うなー。
メンバーについては長くなるので書きませんが、
『LOVE ALBUM』に参加してた人はいません。

そっちの青春かぁ。
私が経験したことがないとは言わないけど、
あまり経験しなかった方の青春。
タイトル通りキラキラした直球の青春。
お子さんの名前も出てくるし、
一人称が曽我部さん全開の曲も多い。
情景描写の豊富なサニーデイと違って、
気持ちがストレートに歌われる曲。
そして、サニーデイとは音が違う。
テンポもそうだけど、迫力?圧力?
知識ないのでいい言葉が出てこないんですが。
とにかく根本的に違う。
さすがライブ本数の多いバンドで、
演奏力にも表現力にも長けたバンドなんだなぁと思いました。
結局この1枚しかアルバムは聴いたことがないんですが、
私は『海とオートバイ』という曲が好きになりました。
アルバムの中では地味な位置づけの曲っぽいですが。

で、このアルバムの中に
『青春狂走曲』が収録されていました。
サニーデイの曲。
解散から7年を過ぎていて、
もう終わってしまったこととして受け入れられるようになっていて
サニーデイの曲なのに・・・とか思いませんでした。
へー、青春狂走曲もやってるんやー、くらい。
そもそも曽我部さんの作った曲なので、
セルフカバーというのですよね。

これがソカバンの『青春狂走曲』。
私が書いた「青春回顧録2」に貼った
サニーデイのこの曲のMV観てくださった方がいらっしゃったら、
(あのMVのイケてなさみたいなのは本当によく出来てる笑)
こちらもぜひ。
同じ曲で同じ人が率いているのにこんなに違う。
片やライブ、片やMVということが問題にならないくらい。
アレンジが違うとかいう問題じゃなくて、
バンドの体質(?)が異なる。
どっちがどうとかの前に、面白いなぁと思います。


あの2人と離れて良かったんだ、
なんて言い方をしてた人もいましたが、
そんなこと思わないし思いたくなかったけど。
このアルバムを聴いて
これが曽我部さんのやりたかったことなら
サニーデイの解散はどうしようもなかった。
そう思うしかなかったし、素直にそう思いました。
だから再結成なんて想像もしませんでした。
しかもこの年の夏のことです。

『キラキラ!』





これがたぶん今年最後の更新になると思います。
いつもひとりごとみたいなブログで
誰かに何かを伝えたり、提案したり、
思考を深めさせたりできるようなものではありませんが、
まー9月以降はひどいもんで(笑)
自分勝手にできるのもブログの良いところといえばそうですが。
それでも訪問してくださった皆様、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。








スポンサーサイト

コメント

こんばんは。

うまいこと3歳ずつ離れているんやね~
セン次君は、来年ピカピカの1年生
ケンゾー君も、もう3歳になって欲しいもんがリクエスト出来るのね。
子供達の成長が楽しみですね🎵

ご家族で良いお年をお迎えくださいね。
来年もよろしくお願いします。

No title

>みやこ草さん

ありがとうございます。
長男と次男は2歳7カ月、次男と三男は3歳4カ月あいているので、
離れ方は違うんですが、学年は3つずつ離れています。
卒業と入学が重なりやすくて、
お金の要る時期が同じになるのが恐ろしいです・・・i-229
ケンゾーは3番目のせいもあって、すっかりいっちょまえです。
2歳だった昨年のクリスマスもしっかりリクエストしてきました~。
ただもうかなりの甘えん坊ですが。

今年もありがとうございました。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いします!
Secret

プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。何かと器用で飄々とした小学4年生。
次男(セン次):7歳。小学1年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。