FC2ブログ

かくれんぼ

行ったり来たり、すっ飛ばしたり。
季節は少しずつ移ろいゆくものでは
なくなってしまったんですかね。
2学期。
運動会はじめ、学校行事が立て続け。
PTAも連日の期間があり、
ケンゾーの入園手続きもあったりで
1日1日があっという間に過ぎていきます。



2学期になってからも相変わらず送り迎えの必要な
1年生の次男セン次なのですが、
昨日下校時間の少し前に団地の公園まで迎えに出た時のこと。
いつもすべり台やブランコで遊んだり、
草をちぎって遊んだりしているケンゾーが
「お母さん、かくれんぼしよう」と。
小さな子はかくれんぼが大好きなんですよね。
それかくれんぼ?というくらいバレバレな場所に隠れてもOKですし、
隠れている時は待っていられず
自分から「ここー!」なんてすぐに出てきたりするのですが、
とにかく子供はかくれんぼが好き。
鬼ごっこしようって言われたらちょっとキツいですが、
たまにはかくれんぼもいいかなーと2人でかくれんぼして遊んでました。

団地の2年生の男の子のNくんが帰ってきて、
ランドセルを家に置いたらすぐに出てきて「俺もやる!」って。
で、3人になってかくれんぼしてたら、
近所のマンションに住む3年生の女の子が通りかかりました。
顔は知っていても話したことのない子でしたが、
私が木の陰に隠れているのに気付くと、
目を合わせてきて「ふふふ」と笑いました。
そしてケンゾーが私を見つけるまで
なんとも言えない「ふふふ」の表情で何度も振り返っていました。

その後、団地の3年生の女の子が帰ってきました。
この子、男兄弟が多いせいもあるのか、なかなかの野生児で、
裸足で這いつくばって虫を捕まえたり、
高いところまで木登りをしたり元気な子。
元気なのはいいのですが、意地悪もわりと多く、
あいさつしてもそっけない子で(ウチのセン次もですが・・・)、
私の中では正直なところあまり良い印象を持っていない子。
その子がやっぱり木の陰に隠れている私に気付くと
(大人になると柔軟性がなくて木の陰くらいしか隠れられない・・・)、
立ち止まってさっきの女の子と同じ「ふふふ」の表情をしました。
そして木の陰の私と、階段の陰に隠れているNくんをケンゾーが見つけるまで
立ち止まったまま「ふふふ」の表情で見ていました。
ケンゾーがNくんを見つけると「んふふふふー」と笑って
自分の家へ帰っていきましたが、その表情が可愛くて。
この子、こんな可愛かったんやぁなんて思いました。


なんか、子供にとってかくれんぼって何なんでしょうね。
何だろう、あのなんとも言えない「ふふふ」の表情。





スポンサーサイト



プロフィール

りるび。

Author:りるび。
男の子3人の母。パニック障害発症から19年。11年間の断薬を経て、新たにパニック障害と向き合う。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。
長男(マル太):何かと器用で飄々とした中学2年生。
次男(セン次):小学5年生。支援学級在籍。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):小学2年生。おませで口達者で甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking