青春回顧録16

大阪には珍しく、連日雪が降っています。
量は全然たいしたことなくてチラチラ降るだけですが。
気温が低いせいか、あかぎれがひどくて
家事が億劫な毎日です。

さて続き。
8thアルバムのこと。
このアルバムは再結成して初めてのアルバムだったので、
ドキドキというか、緊張というか、すごかった。
心のどこかで「どうよ、再結成って」って思ってる部分だってあったし、
単に「いい曲~♪」とかじゃない聴き方になるのは当然で。
したくなくても批評めいた聴き方になるのは当然で。

10年ぶりに聴くサニーデイの新しい曲。
記念すべき1曲目『恋人たち』。
最初に思ったのはとにかく
「へ?またそこからやるの?」
またって言ったって前にそんなのがあったわけではないんですが。
なんというか、この10年は?って感じで、
曽我部さんのこの10年のキャリアがごっそり抜け落ちてる感じがして。
(ごっそりは明らかに言い過ぎですが、第一印象はごっそりでした)
なんかちょっとヘロヘロだし、なんかちょっともっさりしてるし、
なんかちょっと音質も悪いし、ベテランの雰囲気がない。
かと言って初々しさとか若々しさとかもなくて、
むしろちゃんと38歳・39歳の感じがして。
時間の軸がおかしくなったみたいな気がして。
曽我部さんもソカバンの曽我部さんとは別人。
別人というか、同じ時の人と思えなかった。

『恋人たち』(『本日は晴天なり』から)

この曲のデモテープを曽我部さんがメンバーに送ったところから
アルバムの制作は始まったそうです。
そのデモテープを田中さんがとても気に入ったそうで、
「録る?」となったんだとか。
で、スタジオできれいに録ったものでOKになっていたそうですが、
田中さんが最初の方(デモテープ)がいいと言い出したそうで。
デモテープの雰囲気に近づけて何度も録りなおしたそうですが、
やればやるだけ遠ざかっていき、
結局アコースティックギターと歌だけのデモテープに
3人が演奏を重ねるという形になったそうです。
つまり、記念すべき1曲目はまさかのデモテープがベース。
音質の悪さは演出かと思いましたが、そういう事情でした。
それにしても田中さん、曽我部さんのデモテープを聴いて
余っ程感じるものがあったんやなー。


1~3曲目までを聴いた流れというのもあったと思いますが、
とにかく4曲目の『南口の恋』という曲の前奏聴いた瞬間に
私は完全にやられてしまいました。
サニーデイの音がする、また聴けた、ついに聴けた、みたいな。
そして曽我部さんが「街と恋人たち」という、
これでもかというくらいサニーデイらしいテーマを歌っていることも
嬉しかったし(やっぱり詞もちゃんと歳をとってますが)。
1曲目から音も詞もサニーデイだったんですけどね、
なんかここまで来て完全にやられてしまいました。
心地よいもったりとしたリズムに揺れながら
あの時終わってしまったと思っていたものに
ちゃんと「続き」があったことが嬉しくて、
ボロボロと泣きながらこの曲を聴きました。
そんなふうに聴くつもりはなかったのに。
まあ、妊婦は涙もろいものなので。

『南口の恋』(『本日は晴天なり』から)

この曲、実は以前に一度載せたことがあります。
セン次が3歳になった時に。
(「今頃ですが・・・セン次3歳」)
興味のある方は読んでいただけたらわかるのですが、
私のサニーデイへの触れ方がサラッとし過ぎてます。
これが本来の私。
深くは触れたくない。
昨年夏にリリースされた10thアルバムを聴くまでは
ずっとそうでした。
今の私が異常なんです。
こんなにサニーデイについてベラベラと。

さて、私が泣きながら聴いた『南口の恋』は、
この頃ようやく3人で取材に応じた時の内容で、
「一発録りの曲」とだけしか紹介されませんでした。
(ピアノはなんと鈴木慶一さん!)
しかもこのアルバム一発録りが多いし。
そしてそれぞれが気に入っている曲についての話になっても
3人とも誰も掠りもしませんでした。
まあそんなもんです(笑)
でも、私にとっては大切な大切な曲です。

アルバム通して思ったことは。
これはちゃんと10年歳をとったサニーデイだということ。
昔あった独特のピリピリした緊張感とか
ちょっと冷たいエネルギーは無くなっているし、
ソカバンで繰り返されるシャウトのせいか
曽我部さんの声に「かすれ」があるし、
(これはソカバンのアルバムでは気づかなかった)
他にも時が経ったことがわかる部分がある。
でも間違いなく3人の音で、
相変わらず垢抜けない音がして、
サニーデイでしか聴けないものがあって・・・
10年という月日の中で、
変わっていくものはどうしたって変わっていくし、
変わらないものはどうしたって変わらない。
そのことに抗う感じがないのが気持ちよかった。
それから、
曽我部さんがサニーデイじゃなくなっていったんじゃなくて、
3人じゃないからサニーデイじゃなかっただけだということ。
そして時が経っても3人になればサニーデイになるということ。
それから、私はやっぱり3人の出す音が大好きだということ。

曽我部さんの話によると、
このアルバムは新規のリスナーは対象にしていないそうです。
当時熱心にサニーデイを聴いていた人たちに向けて
制作されたそうです。
3人集まってみると、その演奏が惨憺たるものだったそうで、
自分たちの存在を思い知らされたんだとか。
サニーデイは拙い3人のそれ以上でもそれ以下でもなかったと。
サニーデイをもう一度やるというのは青春をもう一度やることで、
もう一度傷つくとかもう一度失敗するとか、そういうことなんだと。
スキルも経験もない自分に戻ることなんだと。
そういう思いからなのか、
バンドの息遣いが伝わるごまかしの利かない一発録り
(各パートが別々に録ったものを重ねるのではなく、
せーので同時に演奏したものを録ること)を多く採用し、
編集を行わないままの曲がほとんどだそうです。
記憶の中で美化されているであろうサニーデイは、
本当にこれで合っていますか?という気持ちだったとか。
それでも感動してもらえたら本物だし、
がっかりされたらそれだけのバンドだったということ。
そんな思いで制作されたそうです。
それなら私の答えは「合っています」としか言えません。

自分がどう感じるかだけが大切で、
他の人がサニーデイをどう感じるかは特に興味がなかったのですが、
この記事を書くにあたって他の人の感想を探して読んでみました。
私と同じように
変わったものの中の変わらないものに目が向く人もいれば、
変わったものだけを嘆いている人もいました。
こんなのただのノスタルジーだと言う人もいて、
それはこの4年後にリリースされた9thアルバムでは
もっと顕著になるのですが。

これは今になって思うこと。
「晴れ」がキーワードになっている曲があるので、
タイトルはそういう意味でつけられたと思うのですが、
「本日は晴天なり」って「It's fine today」の直訳で、
マイクチェックで使われる言葉ですよね。
現在も使われているかは知りませんが。
その後の2枚のアルバムを聴いた今は、
姿勢を正して「さあ始めます」みたいな、
マイクチェックみたいな、
そんなアルバムに思えてきて、
いいタイトルだなぁと勝手に思っています。

で。
このアルバムを聴いたのが2010年4月19日のこと。
それから1週間経たない4月25日にセン次は生まれました。
そして同じ年の5月、晴茂くんは急性膵炎で入院し、
3カ月間活動ができなくなりました。

長くなりました。
最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。







スポンサーサイト

青春回顧録15

子供たちの3学期が始まって、また忙しい日々です。
セン次はあと2カ月で幼稚園を卒園します。

さて続き。
2010年の春、私は32歳で妊娠後期。
マル太はまだ2歳。
大きなお腹での育児は大変でしたが、
私は精神的には落ち着いていて、
気持ちのいい季節に家族が増えることが嬉しい毎日でした。

セン次が生まれてくるまであと1カ月ほどになった頃、
ふとサニーデイがどんな活動をしているのか調べてみました。
そしたら、ついに。
来た。
8枚目のアルバムがリリースされるって。
曽我部さんのレーベルから。
もう考えることもなく購入予約をして
「8枚目」という言葉に、なんか感動する。
ずっと再結成後1枚目のアルバムを待ってる気がしてたけど、
実際は10年ぶり8枚目のアルバム。
『LOVE ALBUM』の次のアルバム。
なかったはずの8枚目。
リリースは4月21日。
(この日は15年前に1stアルバム『若者たち』が
発売された日と同じ日だったそうですが、
私は全く気付いてませんでした)
予約してCD買うなんて何年ぶりかな。
久しぶりのワクワクする気持ちだったけど、同時になんか不安。
何でもそうですが、「1」には「2」にはない輝きがあるものだし、
リメイクとかもオリジナルに勝るのは難しかったりするから。
昔のサニーデイが本当に大好きだった分、
今のサニーデイにがっかりしたらどうしようとか。
大切な大切なノスタルジーにひびが入ったらどうしようとか。
それに聴く側の私も当時の私じゃなくなってるから、
感じられなかったらどうしようとか。
なんせ先行シングルもないままのアルバムだから
新しい曲はまだ1曲も知らない状態だし。

待ち遠しい4月21日。
リリースがその日だからその日にCDが届くものだと思ってたら、
なんと2日前に届いてびっくり。
心の準備ができてないままそれを手にすることになりました。


8thアルバム『本日は晴天なり』(2010年4月、10曲)

封筒から出してジャケットを目にしたら、
思ってた以上に感激してる私がいました。
初めて手にするCDなのに
「サニーデイ・サービス」って書いてある。
信じられない。
なかったはずのことが今本当に起きてるって、
しばらくその文字を眺めました。
中を開けたら、3人の写真。
とってもサニーデイらしい写真。
明るい陽射しとはちょっと裏腹な表情の微妙な距離の3人。
田中さんも晴茂くんも変わってない。
もうさすがに20代には見えないけど、
でも全然変わってない。
服装の趣味まで。
アルバムのタイトル、ジャケット、写真、曲名。
全部サニーデイっぽい。
『恋人たち』なんて曲名、前になかったのが不思議なくらい。
ソカバンの曽我部さんはどこに行ったんだろうってくらい。

その時、昼寝をしていたのか、
おじいちゃんに遊んでもらっていたのかわかりませんが、
マル太はそばにいませんでした。
だから私は一人でこのアルバムを聴きました。
お腹の中ではセン次が動きまくってましたが。





青春回顧録14

ついさきほど、
私39歳になりました。

年末の続きです。
お正月を挟むと、
急に年末が遠い昔みたいに感じるから不思議です。
2008年の4月にソカバンのアルバムを買って聴いた、
サニーデイの解散はどうしようもなかったと思えた、
その続き。
2008年といえば、私は30歳です。

2008年、ある夏の平日の真っ昼間。
珍しくSくんから電話。
そして思いがけない言葉。
「サニーデイ、再結成するぞ」って。
自分がどんな反応をしたのか憶えていませんが、
なんで?
なんで今、サニーデイ?
今の曽我部さんがなんでサニーデイ?
それ本当の話?
驚きと困惑だけで嬉しいとはたぶん感じなかった。
だって、つい最近納得したばかりなのに。
Sくんは昼休みにネットで知ったらしい。
「びっくりしすぎて思わず電話してもうたわ」って。

ネットで調べてみたら
曽我部さんのページでちゃんと発表されてた。
この夏、再結成すること。
最初はライジング・サン・ロックフェスに出演すること。
ふたたび出逢えた喜びを胸に始めること。
最後に「サニーデイ・サービス」と3人の名前。
それだけ。
こんなんじゃ全然何もわからない。
「ふたたび出逢えた喜びを胸に」ってどういうこと?
言葉が足らなすぎる。
突然終わって、突然始まるの?
なぜかちょっと腹を立てている私。
何も理由を告げられず突然フラれた彼氏に
突然ヨリを戻そうと言われたような、そんな感じ?
(そんな経験ありませんけどね)
だけど「サニーデイ・サービス」って書いてあること、
そして3人の名前が並んでいることが不思議で、
なかったはずのことが本当に起こっている・・・
信じられない気持ちで眺めている私は
明らかに興奮していました。
そして考えることは、
またアルバム聴けたりするんかな?ということ。

サニーデイの再結成はとても静かな再結成だったと思う。
再結成記念のワンマンライブが行われる様子もない。
とっておきのシングルがリリースされるわけでもない。
ポツポツとライブイベントに出演するだけで、
お祭り騒ぎもない。
特別なパフォーマンスも用意されていない。
でもその静かさはなんとなく安心できる静かさでした。
場合によってはしらけて聞こえてしまう、
「ふたたび出逢えた喜びを胸に」という言葉を
本当にそんな感じなのかもしれないと思わせてくれたというか。
何の計画も策略もない再結成なんだなと思えたというか。

ただ、東京で開催されるライブに出演していても、
大阪で赤ちゃん抱えている私にとっては何も関係なくて。
とにかくアルバム。
新しいアルバムが発表されないことには
私にとってはピンと来ない。
アルバムリリースをひたすら待つ私でした。
後で知った話では、その頃は
「さすがにリリースはない」という雰囲気だったそうですが。

再結成当時のライブを観た人の感想をいくつか読みました。
2人は変わっていないのに曽我部さんだけが変わって、
こんなのサニーデイじゃないと思った、
だけど3人が演奏していることが不思議で感動した、
という内容の感想をいくつか見かけた。
そしてある人が、田中さんと晴茂くんに対して
「頼むから何か喋ってくれ」と思った、と書いていました。
この再結成をどう思っているのか、
一言でいいから聞きたかったと。
(結局2人は一言も喋らなかったみたいですが)
私がその場にいたら、同じことを思ったと思います。
発表は3人の名前だったけど
曽我部さんの文章だと思われるし、
2人が何を思っているのか全くわからなかったから。

結局2008年と2009年は
アルバムもシングルも発表されることなく過ぎていきました。
私は小さなマル太の育児に追われ、
2009年の夏の終わりにセン次を妊娠し、
つわりが辛くて毎日いっぱいいっぱい。
サニーデイのことを考える余裕もなく過ぎていきました。
新しいアルバムを聴けたのは、
セン次が生まれる直前。
2010年の4月でした。


余談を。
先月マル太の通う空手教室でクリスマス会がありました。
本人1人で出席するのは不安がっていたので、
下2人も連れて私もどんなものかと参加してみました。
ゲームタイムの最中、私の隣に一人の男の子が来ました。
セン次と同じ年くらいで、線の細い印象の男の子。
ちょっと女の子を思わせるかわいい男の子でした。
私の顔を見るわけではないのですが、
座っている私の隣にピッタリと立って何かボソボソ言っています。
周りの音にかき消されてよく聞き取れないのですが、
どうやらマル太がゲームでもらった1等の景品のこと。
本当は自分もそれが欲しかったのだ、ということみたい。
それにしてもこの子、誰かに似ているなぁと思いながら、
ごめんねー、ウチのおにいちゃんがもらっちゃったなぁ
と相手にしていて誰か気づきました。
晴茂くん。20代の頃の晴茂くんによく似てる。
(彼はまだ5~6歳と思われますが)
見れば見るほど似ている気がして、
思わずじーっと見入ってしまいました。

余談ついでにもうひとつ。
私が晴茂くんを「晴茂くん」と表記するのは、
曽我部さんがそう呼ぶから。
いつの間にか自分の中でも「晴茂くん」になった。
「くん」まで含めてニックネームみたいな感じ。
ただ、人と晴茂くんについて会話をすることがないので、
口に出したことはたぶんないと思う。
だから口に出すのは躊躇するかも。
ダンナのテンは曽我部さんのことしか知らないので
晴茂くんが活動離脱したのを知ってびっくりした時も
「サニーデイのドラマー」という言い方で話しました。
9月にサニーデイの記事を書き始めた時、
「晴茂くん」と書くことにちょっとためらいがありました。
7歳も年上の方ですし。
でもやっぱり私の中で晴茂くんは晴茂くんなので、
そして「はるしげ」っていい名前だなーと思うので、
そう表記することにしました。
という長い余談でした。





新年

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月1日。
まず近所の家電量販店へ。
目的はパソコン。
マル太が生まれてまもなく買ったパソコンをずっと使っていて、
もう9年になります。
すっかり動きが鈍くなっていて
2年位前から、買い替える?買い替えよう!
というやり取りをテンとしていたのですが、
流れ流れて今年の元日やっとその気になりました(笑)
初売りセールと私のバースデー特典を使って
お得に購入することができました。
未だガラケーの私にはパソコンは必須なので、
新年最初に良い買い物ができました。
最近動画を貼りまくってる私ですが、
前のパソコンは動画がほとんどまともに動かなかったので、
どんな動画なのか正確にはわかっていなかったという・・・。
音声だけはちゃんと聞こえてましたが。
9年間よく頑張ってくれたパソコン、
お疲れさまでした。ありがとう。
で、この買い物に出かける間、マル太は一人で留守番を希望。
前夜自分で録画した『笑ってはいけない』を観ていたそうです。
これも成長。
ちょっと寂しいけども。
帰ってからは私の実家でお祝いをしました。

1月2日。
テンの実家でお祝い。
義妹の子供たちと合わせて5人の子供たちが
いつも通りにぎやかに楽しく遊びました。
次男のセン次も従兄弟とは会話ができます。
半分兄弟みたいなものなんでしょうね。
私も義母からお年玉をいただきました!

1月3日。
初詣。
今年はテンが本厄。
ということで厄除けのお祓いをしていただきました。
前日義母から「おにいちゃん厄年だから」と
封筒を手渡されましたので、
それを初穂料にさせていただきました。
心身ともに疲れの出やすい年齢だからこその厄年なので、
今年は子供ばかりに気を取られず、
(今年だけってわけではないけど)
テンのこともちゃんと気にかけていきたいと思います。

大掃除もほとんど放置で、
連日家族全員が家にいるので
散らかりまくっている我が家ですが、
とにかく今年も元気でいたいものです。





プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。飄々とした小学3年生。何かと器用。
次男(セン次):6歳。幼稚園年長。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking