fc2ブログ

2023年春、近況

長男マル太
・高校に入学して2週間経った
 入学式の日は止む気配のない雨だった
・入学前に人生初の「美容室」へ行き、
 中学校で禁止されていたツーブロックに挑戦
 セットほぼ不要になったので朝の支度が短くなった
・マスクを全く着けなくなった
・入試の点数開示の結果、本人の言った通り
 かなり余裕の合格だったことが判明した
・入学10日目で制服のネクタイを失くした
 (中学の同級生が近所で拾ってくれて無事帰還)
・バレー部に仮入部中

なんやかんやと楽しそうにやっています。
いいなー高校生。
と眩しく見えることがあります。

次男セン次
・中学校に入学して2週間経った
・入学式には出席できなかった
・2・3日に1日は欠席している
・出席する時は3時間目からが基本
・登校したらまずは支援学級へ行っている
・中学校は1人で登校OKなので見送るだけでよくなった
 遅刻はしてもしっかりとした足取りで登校している

入学数日前に2人で支援学級へ面談へ行ってきました。
中学校は「できるだけみんなと一緒に」という感じはなくて、
どうやって中学校生活を過ごしたいか、が基本のようです。
それは中学校を卒業した後のことも考えてのことですが。
入学式はどうにも気持ちが向かわず、出席できませんでした。
皆が帰った午後になってから2人で手紙類を受け取りに行き、
担任の先生とも対面できました。

三男ケンゾー
・4年生になった
・登校しぶりがある
・元気に登校していく日もある
・学校でたびたび体調不良を訴える

今、いちばん大変なのはケンゾーです。
周りがやいやい言っても仕方ないので、
とりあえずは本人にペースを優先して様子見です。
検尿の日、セン次もケンゾーも提出時間に間に合わず、
私が駆け込みでそれぞれの職員室へ届け、
先生が駆け込みで保健室へ届けてくださいました。


・2人同時に入学で頭が回らない
・マル太の登校が45分早くなり、
 セン次もお弁当生活が始まったので朝が大変
・新生活にいちばん慣れていないのは私のようで
 とにかく疲れている(あちこち痛い、仕事中やたら眠たい)
・チョコレート断ちをしている
 正確にはチョコレートの「かたまり」断ちをしている
・職場が変わってから5キロ以上太った
 (前がげっそりしていたともいう)
・マスクを外せなくなってしまった
 (マスクの意味が感染予防よりも粗隠しになってしまった)
・2日間の間に十数年ぶりのバイト仲間2人に偶然会った
 しかもひとりはマル太の入学式で
 

ブログもずいぶん間が空いてしまいましたが(いつものこと)
毎日頭がクタクタになってます。
いつまでに誰の何をどこに振り込むのか、
明日お弁当が要るのは誰なのか、
体操服の洗濯は明日でも間に合うのか
今晩洗って明日朝に持たせないといけないのか、
ちょっとしたことなんですが、
3人分こなすのはなかなかです。
高校、中学校、小学校とそれぞれが違うところに行っているので、
それぞれから来るメールも把握しきれてませんね・・・
もう少ししたら、落ち着くのかな。
そうそう、新学期開始後の書類記入は3時近くまでかかりました。
書類記入、地図なんか絶対要らないと思う。
家庭訪問廃止になったし、もし何か届けるとかあっても
先生たちスマホ見ると思う。パソコンでも確認できるし。
昔のフォーマットのままで無駄多すぎ!
と、こんなとこで叫んでも届かないので市か府に意見投稿しようかな。
もう何人何十人何百人がしてるとは思いますが。

そんなこんなな春を過ごしています。


スポンサーサイト



春ですね

桜が舞ってます。
もう2人の入学式の頃はすっかり散ってしまってるでしょうね。
今日からマル太高校1年生、セン次中学1年生、
ケンゾー小学4年生です。


さて。ホッとすると体調を崩すのはいつものことで。
今回もマル太の受験が終わったら、やっぱりでした。
仕事のある日はそれでもなんとか頑張れるんですが、
帰宅後と休日はほとんど横になって過ごしていました。
頭痛、腹痛、めまいです。

20日の10時が公立の合格発表だったのですが、
その日が私立の入学金納付締切日でもあり、
入学説明会の日でもありました。
だから、合格なら午後から公立高校の説明会へ、
不合格ならすぐに銀行へ行って入学金を振込み、
12時過ぎのバスに乗って私立高校へ行き、
書類一式を提出、説明会、制服採寸、物品購入、
という流れでした。
そういうわけなので、私は発表は見に行けませんでした。
もしもの時は落ち込んでる暇もなく
とにかく銀行へ走らないといけなかったからです。
ネットでも合否はわかるのですが、
マル太は友達と一緒に見に行きました。
番号の載った写真とともに「やったーー」というラインが来て、
友達のママと電話で喜んだ後、
13時前に公立高校でマル太と待ち合わせました。
マル太は一緒に見に行った友達と3人で
ファミレスでお昼を食べたらしく、
それは気分のいいランチだったでしょう。
3人とも合格でしたから。
もし1人でも不合格だったら
3人で一旦帰ってくることになってたのですが、
ほんとによかったです。

マル太が入学する高校は、
私が中3の時に第1志望にしていた高校で
「五分五分」と言われて受けるのを諦めた学校です。
まさか自分の子どもが行くことになるなんて。
ちなみにマル太の自信は「100%」でした。
落ちてるわけがない、上位合格してるから、
とのことでした。
まーそれはそれは情報開示が楽しみですな。

それにしても金銭感覚がおかしくなるくらい
ガツガツ出費しております。
マル太とセン次、2人の入学準備で
おもしろいほどお金が出てゆきます。
どうしても欲しいDVDがあるんやけどなー。
「どうしても」なんやからどうせ買うんやろ、と
もう一人の私が言っています。




卒業と卒業 ※3月21日追記あり

学校から持ち帰ったモノが部屋にあふれています。
明日こそ片付けよう。
たぶん。
きっと。


長男マル太、中学校卒業しました。


緊急事態宣言で始まった中学校生活。
入学式は夏ズボンに半袖ポロシャツで、
桜は緑の葉っぱで生い茂っていました。
結局3年間みっちりコロナ禍だったので、
通常の中学校生活がどんなものか
分からないまま卒業していくことになりましたが、
とにかく友達と楽しそうに過ごしてましたね。
もちろん、私には言えないこともあったはずですけど。
それから3年間で身長が20cm以上伸びました。
3年生の秋には制服が上下ともパツパツになってしまい、
体格のいいセン次に・・・と
友達のお兄ちゃんからもらっていた
お下がりの制服をマル太が着させてもらいました。


次男セン次、小学校卒業しました。


セン次は楽しいことよりも
しんどいことの方が多い小学校生活でしたね。
それは間違いないと思う。
そんなに辛いなら学校なんて行かなくていいのでは?
と思ったこともあります。
支援学級に入るか、放課後の通級教室に通うかで
入学前は迷いましたが、支援学級で大正解。
落ち着ける場所がひとつでもあったこと、
たくさんの先生が見守ってくれたこと、救いでした。
卒業式の日、父兄がぞろぞろと体育館に向かっている中で
職員室前で支援の先生二人が付いてセン次が証書授与の
最後の特訓?確認?を受けているのが見えました。
ほとんど式の練習に出られなかったので。
授与の時、名前を呼ばれても「はい」と声が出ないセン次は
代わりにお辞儀で応え、無事に式を終えました。
「立派やったで」
帰りに支援の先生がかけてくださった言葉そのまま、
立派でした。


さて、あとはマル太の桜が咲くのを待ちましょう。



※3月21日 追記
長男マル太、公立高校合格しました。
あー おわったー。



なんとか無事に

2月の私立入試前。
小学校でインフルエンザが流行して学級閉鎖が続きました。
セン次とケンゾーが感染したらマル太に感染する可能性は高いし、
受験生ということで市から助成金が出てワクチン打ってますが、
ひやひやでした。
それから3週間ほど落ち着いていたのに、
公立入試前になってまた小学校で学級閉鎖が出始めて、
やっぱりひやひやでした。
勉強云々より体調に気をとられる毎日でした。
本人じゃなくて私が。

金曜日に無事に公立入試を終えました。
今年は試験中はマスクを外してもOKとのことでしたが、
マル太はずっとしていたみたいです。
あんなにマスク嫌がってたのに、もう慣れちゃいましたね。
なかなか風情のある中庭がある学校なんですが、
たまたま中庭のよく見える教室の窓際の席だったそうで、
眺めがよかったそうです。
結果が出るのは、卒業式が終わって、
セン次の卒業式も終わって、その後です。
ドキドキは続きますが、とりあえずホッとしました。
まずはおつかれさま!




近況 マル太編①

寒いのが嫌です。
体が縮こまるのがすごく嫌です。
体が縮こまると気持ちも縮こまって、
手荒れもひどくなるし、
ただでさえ嫌いな家事がもっと嫌いになる。
もう私のことはほっといて!と閉じこもりたくなる。
と言ってても冬は冬なので仕方ないですね。
寒い地域の人たちからすれば
大阪で言うなよと思われそうですが、
東北出身のママ友いわく
「大阪は暖房設備が甘すぎて寒い」そうです。
まあ建物の造りとかもそうなんでしょうね。


さて、「立て続け」とか言ったのは確か私なんですが、
こんなにも空いちゃって。
予想通りといえば予想通りです。
今日は長男マル太の近況を。

マル太、ただいま中学3年生です。
夏休みから塾(先生のいる自習室)に通い始めたのですが、
どうにも空間が合わないようで集中できず、
「もうこんな無駄なお金払ってくれんでいい」と言うので、
2ヶ月で退会しました。
そろばんも空手も続いたのに、余程合わなかったのでしょう。
自分でやるからと言ってます。
ただ退会する時に先生から
「お母さん、英語見てあげてください」と言われたので、
英語は私が少し見ています。
一応、塾講師の経験ありますので教えるのは好きなのですが、
親子間となると・・・結果ケンカになる、ケンカにしかならない。
でも今は受験までの期間限定ですから、
親も子も割り切って、出来る限りやってます。

2学期から毎月模試を受けています。
初めて模試に行かせた時は近くの会場が予約できなくて、
阪急電車を乗り継いで行くことになりました。
普段電車にはほとんど乗らないし、
乗り換えの駅では同じホームに
違う行き先の電車が来るので少々ややこしい。
私が高校生の時、
部活の試合帰りに阪急淡路駅で
どのホームのどの電車に乗ったら家に帰れるのか
わからなくなったことがあるんですよね。
普段地下鉄御堂筋線しか使っていなくて、
北か南かだけ間違わなければ
何も考えなくても目的地に行けたので。
急行とかもありませんし。
友達はみんな大阪市内の子で、
私だけ方向が違って一人ホームですごく心細くなって
駅員さんに教えてもらってなんとか帰れました。
なので、マル太には淡路駅の構内図まで見せて
何時何分の何番ホームの〇〇行きに乗るんやで、
と何度も説明して行かせました。
当日、ちゃんと着いたん?とLINE送っても既読すらつかず、
まあ無事に着いたってことやろと思いながら、
今度は帰りに間違ってヘンな方向行かんかな・・・
と心配してたんですが。
友達と途中下車してラーメン食べて帰ってきました。
無駄に緊張したのは私だけで本人は余裕。
「スマホで調べたら済むやん」って。
まあその通りですね。
ちなみに最近、友達とラーメン屋巡りしてますよ。


途中私の話が入ったりして長くなったので、
続きは次回に。
年明ける前に自分のことまで書くのが目標です。




プロフィール

りるび。

Author:りるび。
男の子3人の母。パニック障害発症から20年。11年間の断薬を経て、新たにパニック障害と向き合う。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。
長男(マル太):何かと器用で飄々とした高校1年生。
次男(セン次):中学1年生。支援学級在籍。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):小学4年生。おませで口達者で甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking