卒園しました

セン次、卒園しました。

卒園式の2日前、
この1年間通った別の小学校の通級指導教室へ行ったのですが、
先生に「卒園式のお返事ドキドキする?」と聞かれて
「うん」と答えるセン次。(ここではお喋りできます)
「もしどうしてもドキドキして声が出ない!ってなったら、
手ぇあげるだけでもいいんよ。
M先生(担任)、ちゃんとわかってくれはるから大丈夫。」
と言われていたセン次。
卒園証書授与で名前を呼ばれた時は、
出欠確認と違って「手をあげない」が約束ごと。
セン次も練習中、それを守って返事をしてきました。

で、本番。
もう園児入場の時のセン次の顔が・・・
激しい瞬きで、今にも泣きだしそうな顔。
こわばるセン次は何度も見たことありますが、
こんなのは初めて見ました。
いよいよセン次の名前が呼ばれてお返事の時。
私の位置からはセン次の顔は見えません。
ちょっとの間があって、
園長先生が覗き込むようにセン次の顔を見ると、
手があがりました。
そして園長先生が
嬉しそうににっこり笑うのが見えました。
まあ仕方ない。
あんな顔するくらい緊張しちゃってたし、
手をあげられただけで充分。
きっと園長先生もそう思われたんだろう・・・
と思ってたんですよね。
で、それが終わるととりあえず瞬きが正常に戻って、
無事に卒園式が終わりました。

保育室に預けていたケンゾーを迎えに行こうと廊下へ出ると
(年中さんのお母さんが式の間、下の子たちをお世話してくれます)
園長先生に呼び止められました。
昨日の練習でね、センちゃんお返事の声出なかったんですよ、
入場してきた時の顔見てね、
今日は出なくても仕方がないって思ったんです、って。
「すごい顔してましたもんね。手をあげられただけでもよかったです」
って私言ったんです。
そしたら園長先生、
お母さん!センちゃん「はい」って言いましたよ!
私のところにはちゃんと届いてましたよ!
今日はもうしょうがないって思ってたのに、ああ言えた!って思って・・・
と泣きながら話してくださいました。
後姿を見る形だった私のところには
届かないくらいの声だったってことなのか、
手があがったのを見て聞き取ることに集中しなかったのか、
なんと聞き逃したんです、私・・・。

その後、副園長先生にも呼び止められ、
「昨日は緊張したのか出なかったんですよ。
今日は今まででいちばん大きい声やった!
センちゃんかっこよかった~」って言ってくださって・・・
本当に今まででいちばん大きな声だったかどうかはともかく、
やっぱりちゃんと返事ができていたようです。

セン次いわく、「練習も本番も全部ちゃんとできた」だそうで。
本番1日前も本人にとっては言えていたんですね。
先生たちの耳には届かないくらいの声だったってことだと思います。
私は聞いてやれなかったんですが、
セン次自身が満足しているのでよかったと思います。
そして、本番で手をあげたってことは
「出ないかも」という不安の表れだったはずなので、
本当によく頑張ったのだと思います。

卒園式後、園児も保護者もそれぞれ写真を撮ったり、
最後に園庭で思いっきり遊んだりしていました。
長男のマル太の時は、お友達とたくさん写真を撮って、
最後の数人になるまで園庭で遊びました。
セン次はというと、すぐに帰りたがりました。
担任の先生やいつも助けてくださった補助の先生方と写真を撮ったり、
ご挨拶したりしたかったんですが、セン次は全くそんな感じではなく・・・
やっぱりマル太とセン次の幼稚園生活は
全然違うものだったんだなと改めて感じて、
比べても仕方ないのにちょっとブルーな気持ちになりましたが、
とにかく卒園できました。
とりあえず3週間の春休みです。


マル太の時、卒園式から帰ると頭痛で寝込んだ私。
確か夜には復活できたんですが。
で、今回のセン次の卒園式から帰った後も同じ。
「夜はガストでごはんが食べたい」という
セン次のリクエストに応えられないかもと思いましたが、
夕方復活。
なんなんでしょう、これ(笑)
ホッとしたせいなのか、ただの泣きすぎなのか(笑)



注(?)
「青春回顧録」はまだ終わってません!!




スポンサーサイト

セン次、まもなく卒園

『コッケモーモー!』
『おいしいおと』
『ぼくはあるいた まっすぐまっすぐ』
『そらまめくんの ぼくのいちにち』
『ブタヤマさんたらブタヤマさん』
『はずかしがりやのれんこんくん』
『るるるるる』
『かあちゃんかいじゅう』
『ブーのみるゆめ』
『ぎょうれつのできるパンやさん』
『うちにかえったガラゴ』
『うどんのうーやん』
『こんにちは たまごにいちゃん』
『まめうしとつぶた』
『まめうしとまめばあ』
『10ぴきのかえるのふゆごもり』
『へんしんトンネル』
『つちのなかの もぐらでんしゃ』
『おばけやしきへ ようこそ!』
『バムとケロの そらのたび』
『かばんうりのガラゴ』
『じごくのそうべえ』
『ハリーのセーター』
『これは のみのぴこ』
『おこだでませんように』
『バムとケロの もりのこや』
『ソメコとオニ』

年長の1年間で、
次男のセン次が幼稚園から借りてきた絵本です。
途中、借りる絵本を選ぶのに
1時間近くかかったこともあるセン次。
みんなが選び終わって園庭で遊ぶ間も
ずっと選ぶことができないことが続いたようです。
そんな時は先生が1人、
とことんセン次につきあってくださったようで。
先生いわく、
「センちゃんは薦めても、じゃあそれにするわとはならへん子」
だそうで、先生方は少し離れたところから独り言のように
いろんな絵本を音読してくださったそうです。
興味を持つと先生の隣に来て聞くそうで、
読み終えて「これにする?」と聞くと頷いてようやく決まる、
そんな時期があったようです。
最近は自分で時間内に選べるようになりましたが、
選べなかった理由が何なのかはわからないままです。

昨年11月、
4月から通う小学校の校長先生のところへ出向き、
セン次のことを相談してきました。
そして支援学級にも
セン次の席を置いていただくことに決めました。

年中の秋までは
たくさん喋らなくても、最初の発音がうまくいかなくても
それなりに言葉が出ていたセン次。
最近言葉が急激に少なくなった、笑わなくなった、
と先生が教えてくださった矢先、登園を渋るようになりました。
そして、幼稚園では全く言葉が出なくなり、
制服を拒否したり、保育室で友達とお弁当を食べるのを嫌がって、
職員室で園長先生と2人で食べたり、欠席・遅刻・早退が続き・・・
いろいろありましたが、年長になってからは
言葉は出なくても笑顔が出るようになり、
セン次なりに幼稚園を楽しめるようになりました。
絵本選びのことや地域交流のイベントなどを嫌がって
早退したりなどは少しありましたが。
「セン次は喋らない」というのが浸透した周りのお友達も、
返事が欲しい時には指差しや首振りで答えられるように
質問を工夫してくれたり、
おにごっこなどで微妙な場所にセン次がいると、
「セン次、それ入ってるんか?」と聞いてくれて、
セン次が頷けば「セン次も入ってるぞー」と皆に知らせてくれたり、
助けてくれる場面がたくさん見られたと先生が教えてくださいました。
みんな優しいですね、私が言うと、
先生は「それはセンちゃんの力でもありますよ」と。
「センちゃんに味があるからですよ」と。
だからみんな放っておかずに構うんだと。
味があるというのは、
正当な評価はできないけどなんかいい、
ということだと思うのですが。
その言葉は先生が本当にセン次をかわいがって
気にかけてくださった表れのような気がして、
最高の誉め言葉と受け取りました。

セン次、今週卒園します。
卒園式の卒園証書授与の練習では
名前を呼ばれるとなぜか「はい」と答えられるそうです。
朝の出欠のお返事は手を挙げるしかできなくて、
たまに声が出てもささやくような声らしいですが。
その「はい」を聞いてすでに涙ぐむ先生もおられたようで、
そんなの当日の私はどうなるの?という感じです(笑)







次はケンゾー

ケンゾー、40度超えの発熱に続き、
セン次、40度超えの発熱。
続いてマル太、とびひ。
さらにはテンが足にできたマメから菌が入ったようで、
右足の指から甲にかけてパンパンに腫れ・・・
私は6月くらいからアトピーの症状が出ていて、
だましだまし過ごしてきたのですが、
マル太を皮膚科に連れて行くついでに
診ていただきました。
1週間の間で家族全員が病院にお世話になるという・・・
お盆休みにかからなくて良かったな。


さて、今日は三男ケンゾーの近況を。
このブログを始めた頃には影も形も無かった
三男ケンゾーもまもなく3歳になります。
早いです。ほんと早い。
ただいま、トイレトレーニング真っ最中で、
いい感じで進んでいたのですが・・・
発熱で中断してからペースがくずれ、
今はトイレに入る気ナシ!
まあね、
トイレトレーニングなんて一進一退が当たり前で・・・
気長にやっていきます。

ケンゾーはマル太の口達者な感じと
セン次の表情の豊かさが合わさって、
ころころ表情変えながらよく喋ります。
最近いちばん困っているのは、
気に入らないことがあったり、
おにいちゃんたちに対抗するために
金切り声もあげること。
声で勝とうとするので、ほんとにうるさい!
こちらもその声に負けて本人の言うとおりにしてしまうと
声を出せばOKが定着してしまうので、根競べ。
きっと一時的なものだとは思いますが。

そして3人目ちゃんは、自身の都合は後回し。
朝方40度の熱がやっと下がったその午後には
キャンプに連れだされる始末
にいちゃんたちがどうしても行くのだと言い張るし、
もう他の日程の予約もとれなくて。
念のため解熱の座薬を
クーラーボックスに入れて行きました。
絶好調には程遠い感じでしたが、
よく遊んで無事に帰ってこれました。

来月3歳になるケンゾー。
マル太が3歳の頃にはすでにセン次が生まれていて、
セン次が3歳になった頃はお腹にケンゾーがいて
毎日がいっぱいいっぱいでした。
3歳児をゆっくり見られるのは初めてになるので、
じっくりたっぷり可愛がりたいと思います。



次はセン次

今日は次男セン次の近況を。

春に幼稚園の年長になり、すぐに6歳になりました。
体は相変わらず大きめ。
昨年の2学期からは「2-4○○○○(ウチの姓)」と書いた、
マル太が1学期に履いていた体育館シューズを
セン次が幼稚園で履いていました。
今はそれも小さくなり・・・
靴のサイズ、現在マル太21センチ、セン次20センチ。
マル太が小さめ、セン次が大きめです。
にいちゃん、追い着かれそうでなんとか逃げ切ってます。
ちなみに私は21.5センチとキッズサイズ。
息子たちに追い越される日はすぐそこですね(笑)

「幼稚園行かへん」と言う日はありますが、
昨年秋のような本気の「行かへん」ではなく、
朝の寝起きの善し悪しの問題かな。
基本的に毎日機嫌よく通園してはいます。
園外保育も嫌がりません。
ただ、相変わらず幼稚園で口を利くことができません。

小学校に入る準備として
幼稚園から薦められていた通り、
市の支援教室に春から通い始めました。
ちょっと遠くの小学校まで行くので大変ですが、
月に2回程度なので頑張っています。
若くてかわいらしい女の先生とマンツーマンで
(とは言っても私とケンゾーもかなり絡んでますが)
遊んでいます。
自分がなぜそこに通うようになったのか理解しているようで、
最近ぽつぽつと先生に「幼稚園で話すこと」について
答えるようになってきました。
「なんでかわからんけど喋られへん」と。
まあ、ぼちぼちやっていこうかと思います。

吃音を起因とする、場面かん黙症。
そう言ってしまえば分かりやすいのかもしれないけど、
それもちょっと違うかなと最近感じています。
最近私が分かり始めてきたのは、
吃音はセン次の抱えている問題が表に出たものだということ。
吃音があるから喋れなくなったと考えるのは安易すぎる。
もともとセン次には、健診で指摘されたように
「強すぎる人見知り」があり、
そういう子だからこそ吃音があるということ。
発達相談の先生や言語の先生に
「吃音と強すぎる人見知りは無関係ではない」と言われた意味が
ようやく私の中で理解できてきました。
セン次はかん黙になるべくしてなったということ。
私のせいでも幼稚園の先生のせいでもなく、
それがセン次という子だということ。
「お友達と挨拶くらいはできるようになってほしい」
昨年、幼稚園の懇談で私は先生にそう話しました。
でも、先日の懇談ではこう言いました。
「お友達みんなに挨拶ができなくていいです。
1人、2人、この子になら「うん」と声に出して返事ができる、
そうなれば嬉しいです」と。
「皆と同じようにできる」をセン次に望むのは違う、
今のところはそう思っています。

年長になって、放送当番がまわってくるようになりました。
お片付けの時間が来たら、職員室のマイクでみんなに伝えます。
はじめはそれを嫌がり、お当番カードを作った夜は
「いやや!できへん!」とふとんの中でわあわあ泣きました。
担任の先生とは卒園までに1回でもできればいいですね、
と話していたのですが・・・
いざ順番がまわってくると、なんと言えたのです!
先生の配慮で2人で同時に言うことにしていただいたのですが、
一緒に言うはずの子が出遅れて、
初めのワンフレーズはセン次の声だけが放送されました。
先生たちもびっくりされたようですが、
以来放送当番のお仕事はできています。
マイクを通して話すのは大人でも緊張しますが、
セン次にとってはマイク相手なら声が出せる、
そういうことなんだと思います。

さて、セン次も来週から夏休み。
マル太の影響で「マイクラ」に夢中のセン次。
どう制御するか、悩まされます・・・。




まずマル太

ひさしぶりすぎて、何書いたらいいのか・・・

今日は長男マル太の近況を。

春に小学3年生になりました。
学校へは毎日機嫌よく通っています。
新しいクラスに気の合う友達もできたようで、
家で友達の話をたくさんしてくれます。

そろばん教室に通い始めました。
私と違って、算数は得意な方ですが
なんせ面倒くさがりで計算が嫌い。
計算が大の苦手な私としては、
できるのに丁寧に取り組めないのが
とてももったいない気がして。
そろばん教室の体験に行かせてみたところ、
通うことを即決。
現在週2回で通っています。
そう、計算好きになる要素を
絶対に持ってると思ってたんです。

先日、夕飯の時に
「めっちゃ暑い外から涼しい部屋に帰ってきた瞬間の感じとか
ああ夏!って最近思うことが多いわ」
とても嬉しそうにそう言いました。
生まれてまもなく9年。
7回の夏を積み重ねて出た言葉。
なんか感慨深くて。
本当かどうかは知らないけど、
9歳までは親の価値観のもとにいるけれど、
10歳からは自分の価値観の中で生きるようになる。
とか言われてる。
そこに着実に近づいているのをなんとなく感じた一言でした。
そこにたどり着いたらそれはもう大変なのでしょうが、
これからの息子たちとの会話がとても楽しみに思えた、
そんな一言でした。

まもなく夏休み。
ゲームのやり過ぎと、YouTubeの見すぎに注意!





プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。飄々とした小学3年生。何かと器用。
次男(セン次):6歳。幼稚園年長。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking