スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

1月1日。
まず近所の家電量販店へ。
目的はパソコン。
マル太が生まれてまもなく買ったパソコンをずっと使っていて、
もう9年になります。
すっかり動きが鈍くなっていて
2年位前から、買い替える?買い替えよう!
というやり取りをテンとしていたのですが、
流れ流れて今年の元日やっとその気になりました(笑)
初売りセールと私のバースデー特典を使って
お得に購入することができました。
未だガラケーの私にはパソコンは必須なので、
新年最初に良い買い物ができました。
最近動画を貼りまくってる私ですが、
前のパソコンは動画がほとんどまともに動かなかったので、
どんな動画なのか正確にはわかっていなかったという・・・。
音声だけはちゃんと聞こえてましたが。
9年間よく頑張ってくれたパソコン、
お疲れさまでした。ありがとう。
で、この買い物に出かける間、マル太は一人で留守番を希望。
前夜自分で録画した『笑ってはいけない』を観ていたそうです。
これも成長。
ちょっと寂しいけども。
帰ってからは私の実家でお祝いをしました。

1月2日。
テンの実家でお祝い。
義妹の子供たちと合わせて5人の子供たちが
いつも通りにぎやかに楽しく遊びました。
次男のセン次も従兄弟とは会話ができます。
半分兄弟みたいなものなんでしょうね。
私も義母からお年玉をいただきました!

1月3日。
初詣。
今年はテンが本厄。
ということで厄除けのお祓いをしていただきました。
前日義母から「おにいちゃん厄年だから」と
封筒を手渡されましたので、
それを初穂料にさせていただきました。
心身ともに疲れの出やすい年齢だからこその厄年なので、
今年は子供ばかりに気を取られず、
(今年だけってわけではないけど)
テンのこともちゃんと気にかけていきたいと思います。

大掃除もほとんど放置で、
連日家族全員が家にいるので
散らかりまくっている我が家ですが、
とにかく今年も元気でいたいものです。





スポンサーサイト

飛行機体験1

前回の記事で、グァムへ行きましたと
さらりと書きましたが・・・
私のブログには
「パニック障害」をキーワードに訪問してくださる方も多く、
パニック障害で普通に飛行機に乗れたの??
と疑問に思われた方もいらっしゃることと思います。
それについて知りたい!
と思われる方がいるかどうかはわかりませんが、
少し書いてみようと思います。

私は発症後に、国内線に4回、国際線に6回乗った経験があります。
いずれも「大丈夫♪」というわけでもありませんでしたが、
薬(コンスタン)と酔い止めの力を借りて
大きな発作を起こしたことはありません。
飛行機の中って飛んでいる真っ最中は
乗り物に乗っている感覚がなくなります。
外の景色も変わりませんし。
電車でも同じなのですが、私は真っ最中よりも
発車前や離陸前がいちばん苦手です。
「まだ今なら逃げられる」という状況がいちばんダメです。
以前エジプトへ行った時に
関空からルクソールを経由してカイロへ向かったのですが、
ルクソールで乗り換えるのかと思っていたら、
同じ飛行機だったんです。
で、機内で1時間くらい待機したことがあって、
あの時がいちばん辛かったです。
痕が残るくらい腕に爪を立ててました。
エンジンの振動感じた時はホッとしたくらいです。

で。
グァムへ行ける!!と決まった当初、
やったー!という気持ちと同時に、
もやっと不安を感じたのは確かです。
ですが、とりあえず不安に目を背けました。
しばらく目を背けていたいし、
背けておいた方がいいということもありました。

そして、そこからは何よりも子供たちの体調が心配でした。
今年は暖冬のせいかインフルエンザの流行が遅く、
そしてだらだらと続いていました。
セン次の幼稚園は園閉鎖になった後もお休みする子が多くいましたし、
小学校は常に数クラスが学級閉鎖という状態。
マル太の学年は4クラス中、
マル太のクラスだけが学級閉鎖にならずにいましたが、
3月に入ってから急激に欠席者が増え始めていて。
昨年は体調不良の冬でしたが、
今年は誰も何の病気にもならずに過ごせていたので、
そろそろ何かあるかも・・・とそれが心配でした。

ですが、出発5日前あたりから、
じわじわと飛行機に乗ることへの不安が大きくなり始めました。
過去、大丈夫だったとはいえ、
それは薬の力を借りていたから。
今、私は何年間もずっと頼りにしていたコンスタンを
1錠も持っていません。
2009年8月下旬に
甲子園へ阪神×巨人戦を観に行った時に飲んだのが最後で、
9月に次男を妊娠していることが分かった時点で完全断薬しました。
そして2011年に
棚にしまっていたたくさんのコンスタンとわずかなパキシルを
全て捨てました。

当時の病院へ行って薬をもらってこようか。
事情を説明して、かかりつけの内科で処方してもらえないかな。
急に薬を持っていないことに不安を感じ、心がジタバタしましたが、
以前に薬剤師さんに
「コンスタンと酔い止めを同時に飲んでも大丈夫ですか?」と聞いた時に、
「大丈夫ですがコンスタンにも酔い止めの作用がありますよ」
と言われたことを思い出し、
今回は「酔い止めを飲む」ということにしました。
酔い止め=コンスタンと言われたわけではありませんが、
自分の頭の中でそういうことにし、
(こういうのってパニック障害には結構重要です)
それで不安を少し解消することにしました。
でも、ひとつ壁が。
三男ケンゾー。
もう2歳半になりましたが、まだおっぱい吸ってるんです・・・。
もう2歳半なので、別にごくごく飲むわけではありませんし
(ほぼおしゃぶり状態)、産後2年半でほとんど分泌量もありません。
とはいえ、母乳移行する薬を飲むのは抵抗があり
ネットで調べてみました。
私が最も信頼している酔い止めの薬はアウト。
授乳中も安全と言われている薬を調べ、
それを買ってきました。

少しのつもりが長くなりそうなので
また次回に。



ビジネス街で

またまた久しぶりの更新になりました。
インフルエンザの流行がすごかったですが、
皆様元気にお過ごしでしょうか?
わが家は次男セン次の幼稚園が園ごと閉鎖になり、
長男マル太の小学校も常に3クラスくらいが
学級閉鎖の状態がずっと続いていましたが、
ウチの子供たちは元気にやってます。

今日、用事があって家族で北浜の方まで行きました。
こんなビジネス街歩くって何年ぶりやろ。
まあ日曜日ですけど。
で、気付いたことがひとつ。
普段は平日の昼間に
子供と主婦とお年寄りが多い町で過ごしているので
そういう光景あんまり見かけることないのですが・・・
「歩きスマホ」多いですね。
若い方やビジネスマンの方・・・
日曜日でも気になったので、
平日の昼間はもっとすごいのでしょうね。
ほんと危ないと思う。
前見て歩きなさい!ってよく子供に注意しますが、
街ゆく大人たちがこれじゃあなぁ・・・
と思った日でした。

久しぶりに慣れない場所に出かけたら
なんか疲れ果てました。
帰ったら夕方なのに思わず昼寝してしまい、
起きたら20時!
その間にセン次とケンゾーも寝てしまい・・・
むちゃくちゃな1日の終わりでした。
ま、ええか~。




今年最初の更新です

月に7回更新したなんて喜んでましたが、
広告出ちゃってました…
「あけましておめでとうございます」は
ちょっと間抜けすぎる気もしますが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦からひどい生理痛でどんよりし、その後は
「特に台所仕事がイヤというわけでもないけど
台所に立つと頭がなんかちょっとボーっとする病」
にかかり、ああ冬は苦手やなぁと改めて感じている
日々ではありますが、基本元気です。
それから、七草の日に38歳になりました。

セン次は3学期のスタートはそれなりに順調で、
遠足(キッズプラザ)も嫌がらずに行きましたが、
今週は行ったり行かなかったり早退したり・・・
そんな感じです。

いつも訪問いただいている皆さま、ありがとうございます。
とりあえず近況でした。
また更新します。




大晦日に

今月7回目の更新です。
公開限定の記事がひとつあり、
あっさりめの内容が続きましたが、
月に7回なんて2年前の8月以来みたいです。
9月にケンゾーが生まれたので、
ケンゾー出産後初めてですね。
2歳3ヶ月を過ぎて私の子育てに追われる日々にも
少し変化が出てきたのでしょうか?
まあ、7回くらいでおおげさですけどね(笑)

今年もいよいよ終わりですね。
ちょっと振り返りますと・・・

1~3月は自分を含む家族が順番に体調をくずし、
いつも誰かが病気の状態だった気がします。

3月の終わり、春休みに義父の実家の小豆島へ行きました。
(この時もケンゾーが出発直前まで発熱してました)
行こう行こうと思いながら、こちらの都合あちらの都合で
なかなか行くことができないままでしたが、
義父のお母さん(テンの祖母)や親せきの人たちに
子供たちを会わせることができ、良い旅行でした。

小豆島のことを記事にしようと思っていたのですが、
帰ってくると実家の母に異変が起きていました。
手足が痺れて歩行困難になり、即入院。
7月末まで4ヶ月間入院しました。
勤めることはできなくなりましたが、
現在リハビリに通いながらも元気にやっています。

春には極端な人見知りの次男セン次が入園。
想像より順調に幼稚園生活を送っていましたが、
秋になって幼稚園で口を利かなくなり、
登園を嫌がるようになりました。
現在も試行錯誤しながらの通園です。

11月に中学の同窓会に出席し、
それが予想以上に楽しくて
良い時間を過ごすことができました。
名前のある自分に戻れたようで嬉しかったです。

そんな感じですかね~。
とにかく皆で笑ってお正月を迎えられるので、
いろいろあっても良い年だったのです。


さて。
今年の締めくくりは、ややこってりめ(?)で。

12月30日。
大滝詠一さんが亡くなられて2年が経ちました。
当初の報道では、夕食後のデザートを食べていて突然倒れ、
リンゴを喉に詰まらせたと救急に連絡があったとありました。
そして、最近も元気な様子だったと。
ご自分でも何もわからないまま逝かれたのではないかと思っていましたが、
3月に行われたお別れ会で奥様が語られた最期はそれとは違いました。
亡くなられる2週間前から足腰に力が入らないなどの不調が続き、
「脳が疲れたよ」と口にされたりしていたようですが、
仕事が落ち着くまで(3月発売の『EACH TIME』30周年記念盤のこと?)
病院へ行くのはもったいないとおっしゃられていたとか。
そして亡くなられた日、夕飯前に奥様がリンゴの皮を剥いている時に
(なのでおそらくリンゴを食べていたってことはないと思われます)
突然「ママ、ありがとう!」と大きな声で言われたそうです。
奥様が驚いて振り返るとぐったりと椅子にもたれられていたそうです。
ご自身では感じるところがあったということですよね。

亡くなられた後、YouTubeから
大滝詠一さんとはっぴいえんどの動画が一掃されてしまいました。
カセットテープでしか持っていないアルバムもあったので、
時々YouTubeで曲を聴いていたので残念でしたが
著作権の問題で次々に削除されたのでしょう。
最近はまたUPされていますが。
また消えてしまうかもしれませんが、1曲だけ。

「松本隆の共作者は数多いが、
大滝詠一の共作者は松本隆ただ一人である」
これは大滝さんの言葉。
「僕の言葉と君の旋律は毛細血管で繋がっている」
これは松本さんの言葉。

1971年。
ロックに日本語の歌詞を乗せるなんてロックへの冒涜だ、
と言われた時代。
はっぴいえんど『はいからはくち』。
松本さんの怒っているようなドタバタしたドラムが大好き。
先駆者へのリスペクトを込めてというのもあるのでしょうが、
いろんなアーティストがライブなどでカバーされているようです。
今年、松本隆さんの作詞活動45周年記念に行われた
「風街レジェンド2015」ではっぴいえんどが集結しました。
その時にもこの曲が演奏されたそうですが、
「一人足りないんです」と細野さん。
大滝さんの代わりは他の3人の意見が一致して、
元ナイアガラトライアングルの佐野元春さんが
務められたようです。

キリがないのでこんなところにしておきます(笑)
とにかく私はこれからも大滝さんの作品を聴き続けます。

『はいからはくち』はっぴいえんど(1971年)
(↑YouTube)


今年も訪問してくださった皆様、
今年から訪問してくださった皆様、
コメントいただいた方々、
ありがとうございました。
ずっと変わらずマイペースでやっていきますが、
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください!





プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):9歳。何かと器用で飄々とした小学4年生。
次男(セン次):7歳。小学1年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):3歳。おませで口達者。甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。