ジンギスカンからの

前回の記事で「来週からは平常に戻るはず」と書いたのですが、
その週、ケンゾーの幼稚園が園閉鎖になりました。
こんな時期に胃腸炎が流行ってしまって。
ケンゾーは大丈夫でしたが、先生含め10人を超えてしまい、
月曜日から4日間閉鎖。
保健所の指導が入りました。
地震で流れた行事がまたさらに流れ、次から次へと何やかや。
それにそれに。
昨日は午後になって天候が怪しくなってきたと思ったら
積乱雲がもくもくとしていて、不気味な感じがしてたら
大阪府全域で竜巻に注意って情報が出てて。
前日に滋賀県が大変なことになってましたよね。
今日は今日で昼間1週間ぶりくらいに余震体感しましたし。
どんよりとした不安がずっと胸にあるような、そんな日々です。

そんな不安の中・・・
2つの動画が私の心を和ませて(?)くれました。
一つは別の機会にするとして・・・
ひとつはこれ。
ジンギスカン。
唯一歌っていない人が誰よりも目立つという不思議なスタイル。





ここからはジンギスカンから派生した、
派生しまくった思い出話。


80年代の小学校ではよくあることだったんじゃないと思うんですが、
この曲でよくダンスしました。
で、6年生の時に運動会の整理体操がなぜかジンギスカンだったんです。
で、その整理体操の係に当たっていたのがなぜか飼育委員でした。
運動会の日、飼育委員は全員前に出て見本になって踊ったんですが、
委員長だった私と副委員長だったSくんは2人で朝礼台の上で踊ったんです。
ジンギスカンを。
この動画のダンスじゃないですけどね、
当時ですから、ブルマですよ私。
ひどい話なんですけど、あんまり嫌だった記憶がありません。
むしろ結構楽しかった。
ジンギスカンの魔法でしょうか。
魔法みたいに楽しい曲ですから。


委員会って5・6年生がやっていたはずで、
前期後期合わせて4回あったと思うんですが、
私、飼育委員を複数回やりました。
2回か3回。
好きだったんですよね。
ウチの小学校、動物が多い方で、
アヒル、インコ、チャボ、ウサギ、クジャクを飼っていました。
ウサギの赤ちゃんが生まれたり、
チャボが卵を温め始めて、ヒヨコが生まれるのを待ったり、
給食の残りのパンを掌でくるくるとしてエサ用のパン粉にしたり。
アヒル小屋の掃除はびしょびしょになって大変でしたが
楽しかったんです、飼育委員。

で、ある日の放課後のお世話の時間。
クジャクが脱走しました。
オスメスとも飼っていたんですが、メスが逃げてしまったんです。
W先生(男)がエサを替える時に扉を閉め忘れるという
児童もやらないような信じられないくらい初歩的なミスで。
クジャクって速いし、結構高く跳ぶんです。
あっという間に体育館の屋根を飛び越えて学校の外へ。
大慌てで皆で追いかけたんですが、
なんと車の屋根を渡って新御堂筋を横断。
奇跡的にこちらに戻ってきたのですが、
近所の14階建てのマンションの6階だか7階だか
そのあたりのベランダに入ってしまい、
そこに落ち着いて全く動かなくなってしまいました。
その部屋の住人さんは留守で、
皆でベランダの下と玄関前で帰宅を待つことに。
私はベランダ側でずっと下から見上げていました。
しばらくして帰宅されて、W先生がおじゃまして無事捕獲。
という忘れられない事件がありました。
「クジャクがベランダに逃げ込んでまして・・・」と言われた
住人さんもおったまげたことと思います。
ただね、大阪ご存知の方なら分かりやすいと思うんですが、
クジャクが新御を横断するとかあります??
30年の間に記憶の上乗せをしてしまってる気がして仕方ないのですが、
やっぱり見たんですよね。
クジャクが新御を走ってる車の屋根の上を跳んでるところ。
帰ってきよった!ってW先生が言ったのも。
まあ当時はSNSもなければ写メもありませんからね。
車の人たちもびっくりしたと思いますが、
「あーびっくりした!以上。」だったんでしょうかね。
しかし渡り切ったままだったらもう追いかけられませんから、
帰ってきよったのは奇跡でした。

これは飼育委員の話じゃないんですが、
小学校の飼育小屋にもうひとつ思い出が。
4年生の時の担任の先生が飼育委員の先生で
(クジャク逃がしたW先生ではないです)
ある時、1羽のウサギを教室に連れてきました。
グレーがかった薄い茶色のウサギで、
とてもおとなしい性格で他のウサギから攻撃されてばかりで
エサも満足に食べられていないから、
しばらく教室で飼うことにしたって。
不覚にも名前を忘れてしまったのですが、
まー可愛くて、クラスの皆でとってもかわいがりました。
一度3人くらいで膝の上に私のジャンパーを広げて、
その上に載せて遊んでいたら
思いっきりおしっこされたこともあったり。
(当時流行っていた、フードにファスナーがついている
セーラータイプのジャンパーでした)
かわいがるうちに健康的に太って、
とっても元気溌剌なウサギちゃんになったので、
ある日飼育小屋に帰してやることに。
そしたらね、びっくりなことに他のウサギたちを攻撃しまくる
凶暴なウサギちゃんに変貌を遂げていました。
甘やかされて性格が変わったのか、
以前攻撃された記憶からのものなのか、そこはわかりませんが、
攻撃し過ぎるという理由でまた教室に戻ってきちゃいました。
その後5年生で飼育委員になって
そのウサギちゃんのお世話もしましたから、
最終的にはちゃんと飼育小屋に戻れたのですが、
あのウサギちゃんはほんと思い出ですねー。
名前は忘れてるんですけど・・・


こんな小学生の頃の思い出をつらつら書くのも
心の中にじんわりやんわり覆いかぶさってくる
不安があるからかな。


ちなみにマル太は現在放送委員会に入っています。
我が家は学校の放送もはっきり聞こえる近距離なので、
当番の日は朝の音楽が学校から聞こえて来ると
お弁当作る手を止めて
ベランダのそばでマル太の声を聴きます。
「5月、あっ6月〇日、朝の放送の時間です」って。





スポンサーサイト

6月18日

余震が落ち着いたかに思えたら、
昨夜23時すぎに気持ちの悪い揺れがありました。
その後カラスがしばらく鳴き続けていて
不気味で仕方ありませんでした。

先週月曜日の朝。
この揺れない場所がこんなに揺れるって、
一体どこでどんな大きな地震が起きたのか・・・
と思ったら、まさかの大阪北部が震源地。
大阪の北摂地域にある我が家。
震度5強でした。

セン次、ケンゾー、私は家にいて、テンは出勤途中でした。
いちばん怖かったのはマル太かも。
いつもより早く登校していてすでに教室にいましたが、
まだ5・6人しか来てなくて先生もいない状況。
ウチは学校の目の前なので、
揺れが収まるとすぐにベランダに出て学校の様子を確認しましたが、
外に飛び出さずに机の下でじっとしているようにと
放送している教頭先生の声がふるえていました。
先生たちが廊下を走って教室に向かうのが見え、
子供たちが避難していく様子が見えてひとまず安心。
先生はほとんどが職員室に集まっている時間のことで、
まだ登校途中だった児童もたくさんいる時だったので
先生方、かなりパニックになられたのではないかと思います。
私はすぐに確認できたけど、
学校から離れた場所に住んでいるお家は心配したことと思います。
高槻の4年生の女の子だって
きっとマル太と同じくらいの時間に
マル太と同じように「行ってきます」って
いつも通り出て行ったでしょうに。


我が家は特に被害はありませんでした。
冷蔵庫の扉が開いてピーピー鳴ってたり、
キッチンであれこれ小物が散乱したりはしていました。
テンのエレキギターが倒れて床になかなかの傷ができましたけども。
姿見も倒れましたが、幸い割れずに済みました。
翌日・翌々日になって、掃除しているときに
あれ?ここの隙間こんなあった??とか
なんかこれ斜めなってへん?とか
少しずつ家具が位置を変えていたのに気が付きましたが。
ガスは安全装置が作動して一時的に止まりましたが、
水も電気もいつも通りに使えました。

幼稚園は一部ひびが入ったそうです。
学校は詳しくはわかりませんが、
水曜日にセン次を送っていった時に、
靴箱が4クラス分ほど取り替わっていました。
万博公園は数十か所破損が見つかったそうですが、
太陽の塔は耐震工事のおかげで無傷のようです。
モノレールは昨日運行再開されましたが、
今日からまた止まっています。

幼稚園・学校とも2日間お休みになり、
その後は各種行事の延期、
学年によっては下校時間の変更
(下校時に通学路に立つ先生の人数を確保するため)
などありましたが、週明けからは平常に戻るはず。
スーパーの商品も普段通りに並ぶはず。

当日、昼前にようやく電話がつながった高槻在住の親友。
23年前より揺れたと言って動揺していましたが、
明日あたり、また連絡してみようと思います。




ここにタッチ

セン次が掃除前の学校のプールから持って帰ったヤゴ、
セン次がおじいちゃんと一緒に田んぼで捕まえたおたまじゃくし、
マル太の友達が近所で捕まえたザリガニ、
家の壁を這っていたカマキリの赤ちゃん。
現在我が家のベランダにて飼育中の生き物たち。
ちょっと前は団地の公園で見つけたカタツムリもいたんですけどね、
雨の日にセン次が外へ放してあげました。
暑くなったらベランダなんかじゃ飼えませんからね。
みんな帰してあげないと。



今朝、子供たちが朝の準備もせずにテレビを観てる。
はよ用意しいやーって声をかけに部屋に入ったら、
画面に映ってるのは『タッチ』。
思わず私も数分間一緒に観てしまいました。
柏葉監督代行が先発投手に佐々木を出して
コテンパンにやられてるとこ。
地方予選の一回戦かな。
懐かしいなー。
『タッチ』は子供の頃から何度も読みました。
物語の方から描かれたがったんじゃないか、
みたいな物語ですよね。
ですよねって同意求めるのもおかしな話ですが。
私はそう思ってます。
今日、実家に寄った時、
母に『タッチ』どっかにある?って聞いてみました。
探しておいてくれるそうです。
マル太、読むかな。
マル太は野球もサッカーもバスケもやりたくないんだそう。
個人プレーがいいらしい。
今やってるのは空手。
中学生になったら今のところ陸上部を考えているそうです。









40歳からの

春休みにマル太と「ちはやふるデート」をし、
マル太は5年生、セン次は2年生、
そしてケンゾーは幼稚園に入園しました。
セン次はケンゾーの登園時間に一緒に家を出て、
1時間目の始まりくらいになんとか登校できています。
日によっては先に一緒に幼稚園にケンゾーを送りに行き、
その後登校することもあります。
下足から一人で教室へ向かう日もあれば、
教室まで私も一緒に上がる日もあります。
その日その日で動いています。


春休み、セン次がそろばん教室に通い始めました。
きっかけは自宅から徒歩1分の近所に新しくそろばん教室ができ、
現在自転車で5分ほどのところに通っているマル太を移したくて
無料体験に行ったことです。
一緒にセン次を連れて行ったところ、「やりたい」と。
セン次は計算があまり得意ではないので
そろばん始めたらいいのになーとは以前から思ってたんですけどね、
まさか習いたいと言い出すとは。
声を出してのコミュニケーションが難しいことを先生にお話しすると
全く問題ないですよ~って。
以前に同じような生徒さんがいらっしゃったのか、
まさに「問題なく」接してくださり、頑張って通っています。
セン次は送り迎えが必要なので徒歩1分もとってもありがたいです。

マル太をそろばんに通わせ始める時に
そこの先生がおっしゃったのが
「そろばんは何歳で始めてもいいんですが、10歳までに始めなければ
本当に自分のものにはならないと言われています」。
頭の中で勝手に珠が動くようにはならないそうです。
10歳って明確に線引きがあるわけではもちろんないでしょうけど、
セン次現在8歳ほやほや。
自分のものにできるといいのですが。
左利きの子は向いてるって言いますし。
そしてマル太はというと、今までと同じところに通っています。
同じそろばんでも重視する点が違ったりするんですね。
今さらやり方変えられないようで。


私はそろばん、全然わかりません。
算数も数字も計算も子供の頃からダメで、
苦手だ嫌いだと思い込んでしまっているところもあります。
で。
今、セン次と一緒にそろばんやってます。
マル太はそもそも計算は得意な方ですし、
何でも器用にこなすタイプなので
通わせるだけ通わせてノータッチだったんですよね。
どうせ私そろばんわかんないしって。
でもセン次はそういうわけにはいかない。
せっかくやる気になったんだからって、
その日習ってきたことをじっくり見て、私も同じようにやってみる。
一緒に宿題をする。
毎日たとえ2問3問でもいいからそろばんを触らせる。
そんなことやってたら、そろばんって面白いんですよ。
びっくり。なんか楽しくて。
私、40歳からそろばん始めました。
10歳から30年遅れをとっているので
本当の意味で「自分のもの」にはならないのでしょうが、
そんなことはどうでもいいんです。
先生も何歳から始めてもいいっておっしゃってましたし。
セン次と一緒に頑張ってます。

そろばん3年目のマル太。
今までどれくらいできるのか、どんなことをやっているのか知らなかった。
最近、暗算検定の練習をしているのを見てびっくり。
そろばん置かずに空で指を動かして
4~5桁の割り算を詰まる様子もなく、テンポよく解答していく。
昨年、学校の先生に学年で1番計算が速いって言われたって言ってたけど、
これは本当に速いかもしれない。
今まで全然見てなくてごめん。
こんなにできるようになってたなんて。
今、マル太は私のそろばんの先生です。
問題を作って、マル付けをしてくれます。
さあ、どこまで上達できるでしょう???





デートの予定が

今日は小学校の卒業式の日で、
1~4年生はお休み。
ということで、セン次とケンゾーを実家に預けて
今日はマル太と2人で平日昼間の映画館デート!
の予定でしたが、マル太、昨日の午後からコンコンとし始め・・・
いくら空いているであろう平日昼間の映画館でも
上映中に咳コンコンはねぇというわけで断念しました。
パニック障害の経験がある私なのでずっと避けてきた映画館。
ちょっと思い切って行くつもりだったのですが・・・
まあ仕方ないです。
エキスポシティの映画館に行く予定だったので、
今日から内部公開が始まった太陽の塔を
行きし帰りしに眺めるつもりだったのですが・・・
まあ仕方ないです。
外からね。
内部は夏まで予約いっぱいだそうです。
ちなみにマル太が観たがった映画は
『ちはやふる-結び-』。
こちらもまだ公開になったばかりなので
また春休みに。



最近、ケンゾーがえらくお気に召している絵本。
その10まで出ている様子です。


『ねぎぼうずのあさたろう その1』 飯野和好
<福音館書店>





プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):何かと器用で飄々とした小学5年生。
次男(セン次):小学2年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):幼稚園年中。おませで口達者。でも甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking