40歳からの

春休みにマル太と「ちはやふるデート」をし、
マル太は5年生、セン次は2年生、
そしてケンゾーは幼稚園に入園しました。
セン次はケンゾーの登園時間に一緒に家を出て、
1時間目の始まりくらいになんとか登校できています。
日によっては先に一緒に幼稚園にケンゾーを送りに行き、
その後登校することもあります。
下足から一人で教室へ向かう日もあれば、
教室まで私も一緒に上がる日もあります。
その日その日で動いています。


春休み、セン次がそろばん教室に通い始めました。
きっかけは自宅から徒歩1分の近所に新しくそろばん教室ができ、
現在自転車で5分ほどのところに通っているマル太を移したくて
無料体験に行ったことです。
一緒にセン次を連れて行ったところ、「やりたい」と。
セン次は計算があまり得意ではないので
そろばん始めたらいいのになーとは以前から思ってたんですけどね、
まさか習いたいと言い出すとは。
声を出してのコミュニケーションが難しいことを先生にお話しすると
全く問題ないですよ~って。
以前に同じような生徒さんがいらっしゃったのか、
まさに「問題なく」接してくださり、頑張って通っています。
セン次は送り迎えが必要なので徒歩1分もとってもありがたいです。

マル太をそろばんに通わせ始める時に
そこの先生がおっしゃったのが
「そろばんは何歳で始めてもいいんですが、10歳までに始めなければ
本当に自分のものにはならないと言われています」。
頭の中で勝手に珠が動くようにはならないそうです。
10歳って明確に線引きがあるわけではもちろんないでしょうけど、
セン次現在8歳ほやほや。
自分のものにできるといいのですが。
左利きの子は向いてるって言いますし。
そしてマル太はというと、今までと同じところに通っています。
同じそろばんでも重視する点が違ったりするんですね。
今さらやり方変えられないようで。


私はそろばん、全然わかりません。
算数も数字も計算も子供の頃からダメで、
苦手だ嫌いだと思い込んでしまっているところもあります。
で。
今、セン次と一緒にそろばんやってます。
マル太はそもそも計算は得意な方ですし、
何でも器用にこなすタイプなので
通わせるだけ通わせてノータッチだったんですよね。
どうせ私そろばんわかんないしって。
でもセン次はそういうわけにはいかない。
せっかくやる気になったんだからって、
その日習ってきたことをじっくり見て、私も同じようにやってみる。
一緒に宿題をする。
毎日たとえ2問3問でもいいからそろばんを触らせる。
そんなことやってたら、そろばんって面白いんですよ。
びっくり。なんか楽しくて。
私、40歳からそろばん始めました。
10歳から30年遅れをとっているので
本当の意味で「自分のもの」にはならないのでしょうが、
そんなことはどうでもいいんです。
先生も何歳から始めてもいいっておっしゃってましたし。
セン次と一緒に頑張ってます。

そろばん3年目のマル太。
今までどれくらいできるのか、どんなことをやっているのか知らなかった。
最近、暗算検定の練習をしているのを見てびっくり。
そろばん置かずに空で指を動かして
4~5桁の割り算を詰まる様子もなく、テンポよく解答していく。
昨年、学校の先生に学年で1番計算が速いって言われたって言ってたけど、
これは本当に速いかもしれない。
今まで全然見てなくてごめん。
こんなにできるようになってたなんて。
今、マル太は私のそろばんの先生です。
問題を作って、マル付けをしてくれます。
さあ、どこまで上達できるでしょう???





スポンサーサイト

デートの予定が

今日は小学校の卒業式の日で、
1~4年生はお休み。
ということで、セン次とケンゾーを実家に預けて
今日はマル太と2人で平日昼間の映画館デート!
の予定でしたが、マル太、昨日の午後からコンコンとし始め・・・
いくら空いているであろう平日昼間の映画館でも
上映中に咳コンコンはねぇというわけで断念しました。
パニック障害の経験がある私なのでずっと避けてきた映画館。
ちょっと思い切って行くつもりだったのですが・・・
まあ仕方ないです。
エキスポシティの映画館に行く予定だったので、
今日から内部公開が始まった太陽の塔を
行きし帰りしに眺めるつもりだったのですが・・・
まあ仕方ないです。
外からね。
内部は夏まで予約いっぱいだそうです。
ちなみにマル太が観たがった映画は
『ちはやふる-結び-』。
こちらもまだ公開になったばかりなので
また春休みに。



最近、ケンゾーがえらくお気に召している絵本。
その10まで出ている様子です。


『ねぎぼうずのあさたろう その1』 飯野和好
<福音館書店>





4か月ぶりに・・・

まーずいぶんと空けてしまいました。
全然珍しいことじゃありませんが・・・
2学期はセン次がいろいろと大変で。
長い2学期。
最後の数週間は
もう完全にどこかの何かのスイッチが入らなくなってしまい、
体調にも変化が出て。
いろいろと難しい子だし、
いろいろとしんどい思いをしている子なんだと
改めて実感した2学期の終わりでした。
冬休みでいったんリセットできたのか、
3学期は本人のペースでぼちぼちとやっています。
・・・ブログの更新がなかったのはセン次が原因では
たぶんないですけどね。

今年に入って、気付いたら私40歳になってました。
気付いたらってことはないな。
結構しっかりカウントダウンしてましたから。
1カ月位前から。
だって40歳。
38歳から39歳になる時とは違います。
カウントダウンする日々の中では
私の30代って何やったんやろう、
あ~40かぁ、なかなかのお歳やん!
とか思ってましたが、
いざ40歳になったら何にも思わない。
そう、別に大きく何も変わりません。
むしろ40代初心者で
ちょっと新鮮な気持ちだったりします。
勝手なもんです。



先日、今年度最後の授業参観があったのですが、
長男のマル太は「2分の1成人式」なるものをしまして・・・
いつからこんなことするようになったのかわかりませんが、
家庭環境や家庭の事情などを考慮して、
近年は廃止にしている学校も多いとかで。
ウチの子供たちが通う小学校は先生の言葉をそのまま借りれば
「ライトにして残す」のだそうです。
家族や親への感謝を無理に述べるのではなく、
将来の自分に思いを馳せたり、10年後の自分を想像したり、
10歳の記録として自分が書いたものを発表するって感じですね。

そんな2分の1成人式を迎えたマル太ですが、
先日私が持っているソニーのウォークマンを指さして、
自分もそんなのが欲しいと言いました。
自分のお小遣いで買いたいって。
自分の好きな音楽が聴きたいお年頃になったんですね。
1万円以上はするし、これに聴きたい音楽入れてあげるから
共有しようと提案したのですが、
自分のものが欲しいのだそうで。
ネットで調べてみたらMP3プレーヤーって外国製のものなら
2000~3000円のものもあるんですね。
で、買ってみました。

↓これ、私の。色はピンクですけど。


↓これ、マル太の。色も同じ。


音質は決していいとは言えないけど(イヤホン替えればましになるかも?)、
十分すぎる。
私が小学生の頃なんてカセットテープにラジオから録音したり、
ダビングのダビングのダビングだったり、
シーって言いながらテレビの音を録音したりして、
音質も何もあったもんじゃなかったですけど、
それで満足してましたもんね。
で、私にはよく分からない音楽を取り込んで楽しそうに聴いています。
1曲だけ私の持っているCDから入れてあげましたよ。
少年アシベの『リトル・ダーリン』。
冬休みだったと思うのですが、
テンが会社の新年会だか歓迎会だかでカラオケ大会があるとかで
練習がてら家族でカラオケ行ってきたんです。
私にとっては何年振りかもわからないくらい久しぶりのカラオケでした。
子供たちが聴ける歌がいいかな~と思って、
歌ったこともないのに『リトル・ダーリン』歌いました。
そしたら、マル太がえらく気に入って。
そういえば私が今のマル太と同じ年の小学4年生の時、
千里中央の野外ステージに田村英里子が来ると聞いて
放課後に友達と一緒に電車に乗って見に行ったなー。
遠目から見ても可愛かった。懐かしい。





カラオケでこの曲選ぶ時、
私にはちょっと低いなって思ってたんですけど、
歌ったらちょうどいい感じでした。
そして、その昔よく歌った曲は高くて全然歌えなかった。
やっぱり40歳ってことか。





かくれんぼ

行ったり来たり、すっ飛ばしたり。
季節は少しずつ移ろいゆくものでは
なくなってしまったんですかね。
2学期。
運動会はじめ、学校行事が立て続け。
PTAも連日の期間があり、
ケンゾーの入園手続きもあったりで
1日1日があっという間に過ぎていきます。



2学期になってからも相変わらず送り迎えの必要な
1年生の次男セン次なのですが、
昨日下校時間の少し前に団地の公園まで迎えに出た時のこと。
いつもすべり台やブランコで遊んだり、
草をちぎって遊んだりしているケンゾーが
「お母さん、かくれんぼしよう」と。
小さな子はかくれんぼが大好きなんですよね。
それかくれんぼ?というくらいバレバレな場所に隠れてもOKですし、
隠れている時は待っていられず
自分から「ここー!」なんてすぐに出てきたりするのですが、
とにかく子供はかくれんぼが好き。
鬼ごっこしようって言われたらちょっとキツいですが、
たまにはかくれんぼもいいかなーと2人でかくれんぼして遊んでました。

団地の2年生の男の子のNくんが帰ってきて、
ランドセルを家に置いたらすぐに出てきて「俺もやる!」って。
で、3人になってかくれんぼしてたら、
近所のマンションに住む3年生の女の子が通りかかりました。
顔は知っていても話したことのない子でしたが、
私が木の陰に隠れているのに気付くと、
目を合わせてきて「ふふふ」と笑いました。
そしてケンゾーが私を見つけるまで
なんとも言えない「ふふふ」の表情で何度も振り返っていました。

その後、団地の3年生の女の子が帰ってきました。
この子、男兄弟が多いせいもあるのか、なかなかの野生児で、
裸足で這いつくばって虫を捕まえたり、
高いところまで木登りをしたり元気な子。
元気なのはいいのですが、意地悪もわりと多く、
あいさつしてもそっけない子で(ウチのセン次もですが・・・)、
私の中では正直なところあまり良い印象を持っていない子。
その子がやっぱり木の陰に隠れている私に気付くと
(大人になると柔軟性がなくて木の陰くらいしか隠れられない・・・)、
立ち止まってさっきの女の子と同じ「ふふふ」の表情をしました。
そして木の陰の私と、階段の陰に隠れているNくんをケンゾーが見つけるまで
立ち止まったまま「ふふふ」の表情で見ていました。
ケンゾーがNくんを見つけると「んふふふふー」と笑って
自分の家へ帰っていきましたが、その表情が可愛くて。
この子、こんな可愛かったんやぁなんて思いました。


なんか、子供にとってかくれんぼって何なんでしょうね。
何だろう、あのなんとも言えない「ふふふ」の表情。





9月に思うこと

夏休みはとっくに終わり、9月も中旬になりました。
長男マル太は10歳になりました。
三男ケンゾーは4歳になりました。
マル太が生まれて10年。
私が母親になって10年。
いろいろあった10年。
産後クライシスとかいうやつで、
ものすごく辛い日々もあったりしたけど。
精神的にも肉体的にも決してタフとは言い難い、
むしろひ弱なこの私が、
3人の子供を産んで育てるという
この信じられない事実。
ひとつ確実に言えることは、
10年前の私と今の私はずいぶん違うということ。
それが「成長」なのかよくわかりませんが。
でも、根本的には何も変わってないのかも。
何を経験しても、何年歳をとろうと、
私は私でしかないわけです。

10年間ずっと3歳より下の子がいる生活でした。
今月ケンゾーが4歳になりました。
日常になっていたおむつ替えもなくなりました。
まだまだこれから育児は続いていくわけですが、
でもひとつのステージを終えた感じがします。
自分でいうのもなんですが、
よく頑張った、私。
春になってケンゾーが幼稚園に入園したら、
24時間育児もついに卒業。
今より「私」に目を向ける時間が増えるのかな。
最近、それをすごく感じる日々です。
この10年間全く考えられなかった
「働く」ということについても
ぼんやりと意識が動き出しています。

長男のマル太が4歳になったばかりの頃、
ちょうどこのブログを始めました。
今月で6年経ったことになります。
6年経ったって言ったって、
しょっちゅう広告出しちゃってるんで
6年間続けてきたというよりは
初めて記事を書いたのが6年前だった
というだけのことなんですが。
たぶん、私にはこのペースしかできないんでしょうね。
私は私。
人間、なかなか変われるもんじゃないですね。







プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):何かと器用で飄々とした小学5年生。
次男(セン次):小学2年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):幼稚園年中。おませで口達者。でも甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking