FC2ブログ

夢の中

今日の私はいつもの私ではありません。
ふわふわしてます。
夢の中にいます。
28年ぶりにひろくんに会えたからです。
光GENJIの佐藤寛之さん。
光GENJIに佐藤さんは2人いますが、
「あつひろ」ではなく「ひろゆき」。
あっくんじゃなくて、ひろくんです。

10代の頃、
私が持っていた光GENJIグッズは全部水色でした。
ひろくんのイメージカラー。
やさしい声の少しおっとりとした喋り方で、
なぜかふと女の子みたいに見える時があって、
でもすごく男らしく見える時があって、
あまり前へ出ようとしない控えめな印象で、
だけどすごく意志が強そうで、
いつも自分は自分って感じで
1本真っ直ぐな芯がスッと通ってるみたいな、
とってもとっても素敵な男の子でした。
私にとってアイドルは
グループで言えば光GENJIだけで、
個人で言えばひろくんだけです。

ひろくんが脱退した翌年にグループは解散して、
その数年後にひろくんのことが新聞に載ってました。
自分の行きたい道を着実に歩いている人として紹介されていて、
ひろくん音楽一筋で頑張ってるんやなぁと思いました。
数年前にフェイスブックに登録して
(一度も発信したことなく閲覧専門ですが)
ひろくんの近況も覗いていました。
ライブに行ってみたいと思ったこともありましたが、
ほとんどファンクラブの人たちの空間のような気がして
気が引ける・・・というのもありましたし、
パニック障害の私にはライブ会場の壁は高くて、
しかも大阪市内は自分の落ち着く場所ではなく。
いつか行けるのかな、いつかっていつよ?
と思っていたところに、インストアライブの告知。
しかも北摂。
インストアなら開放的な空間。
これは行くしかないやろ!ということで
阪急電車に揺られて茨木市まで行ってきました。

中学2年生の時に行ったコンサートが最後で
28年ぶりに会うひろくん。
しかもこんな近くで見たことないし!
光GENJIの曲も歌ってくれましたよ。
ガラスの十代と勇気100%。
変わらないやさしい声、高い歌唱力、笑い方もそのまま。
ひろくんはやっぱりひろくんでした。
そしてとても48歳のおじさんには見えませんでした。
ライブの後、買ったCDにサインを書いてもらって、
一緒に写真を撮ってもらって(肩を抱いてくれました!)、
握手をしてもらいました。
ほんのひと時でも私の目を見て話しかけてくれて、
私の声を聞いてくれたこと。
ひろくんのがっしりとした手。
まだ夢を見ているみたいです。
もっといろいろ書きたいんですが、
ふわふわし過ぎで文章になりません(笑)
とにかく行ってよかった!
生理痛と、ひろくんに会う緊張と、
一人で電車に乗って出かける緊張とで
ほとんど昼食摂れなくて怖気づいてたんですが、
頑張って行ってよかった!本当に。
帰り道、緊張が解けて胃が痛くてたまらなかったんですが、
胃が痛いことすら夢の中の出来事みたいでした。
ああ、ほんとにまとまらない。
ひろくん、めちゃくちゃかっこよかった!!

YouTubeへ→ガラスの十代
黄色の缶バッジの位置が
右胸というか右肩というかそのあたりの子がひろくん(細かい)。
17歳になりたてくらい。
ちなみに私は小学4年生。
すでにひろくんファンでした。
そうそう、光GENJIって夏休みの2週間くらいだけ
年齢が7人年子状態になるんですよね。
実際は2つ違いだったり同い年だったりするんですけど
誕生日の並びの関係で。
14、15、16、17、18、19、20って感じで。
誰が何番目ってはっきりしてて7人兄弟みたいでした。
ひろくんはど真ん中の4番目。


今日買ったCDを聴きながら書き始めましたが、
今夜は最後に『NARITAI-NARENAI』を聴こうかな。
ひろくん18歳の歌声。
やさしい声で「ちょっと不良になったみたい」
って歌うのが好きなんですよね。
ひろくんの好きな「ジグソーパズル」が歌詞に入っていて、
ひろくんのために書かれた曲なんやなぁって
嬉しかった小学6年生の記憶。

今夜は眠れないかもなー。

InkedP1020845_convert_20190324233336_LI.jpg
ひろくん閉じるの早くて日付乾ききらず(笑)
しょうがないですね。
後ろたくさん並んでたから。




スポンサーサイト

春休みへ

湿度の高い夜です。
窓の外を見ると霧がすごくて、街灯の効果で幻想的。
窓を開けると、もわっと気持ちが悪くて
家の中の方がすっきりしています。
が、家の中の湿度計は80パーセント超え。

卒業式も卒園式も無事に終わり、
明日は小学校も幼稚園も修了式。
今年度、ケンゾーが幼稚園で借りてきた本です。

『たまごにいちゃん』
『ほげちゃん』
『かえってきたカエル』
『ほげちゃん まいごになる』
『ちいさな たまねぎさん』
『ぐりとぐらとすみれちゃん』
『ねこがいっぱい』
『おべんとうんち』
『ぼくんちカレーライス』
『まえむき よこむき うしろむき』
『かお かお どんなかお』
『かめのこうちゃん』
『せとうちたいこさん デパートいきタイ』
『きんぎょのおつかい』
『もりのスパゲッティやさん』
『どうぐのおばけ』
『おばけがぞろぞろ』
『おにぎりくんがね・・・』
『もみじちゃんとチュウ』
『かみなりのおやこ』
『おにのおにぎりや』
『おしくらまんじゅう』
『10+1ぴきのかえる』
『たこやきマントマン』
『ぼくのゆきんこ』
『ねずみくんとゆきだるま』
『ぐりとぐらのえんそく』
『うどんのうーやん』
『ぼくがラーメンたべてるとき』

29冊。
いちばん印象に残ってるのは最後に借りてきた
『ぼくがラーメンたべてるとき』。
長谷川義史さんの絵本だし、
ラーメンの楽しいお話かと思いきや、全然違って。
あと、『きんぎょのおつかい』は
与謝野晶子の作品で、初めて知りました。
今の時代に読むとこの上なくシュールというか・・・
ケンゾーは最初から最後まで「???」という反応でした。
言葉も難しいし。
たしか「すてえしょん」とか出てきたんじゃないかな。
今年もたくさん読みました。


春休みが始まります。
お弁当作らなくていいけど、
毎日子供たちのお昼用意するのがねー
給食ってありがたいなぁ。





ご近所さんと顔見知りのお母さん

ご近所さんに赤ちゃんが生まれたようで、
夜寝静まった時やベランダに出た時に
ふえーふぇーという
可愛らしい泣き声が聞こえることがあります。
いや~懐かしいな~新生児の泣き声。
全然うるさいと感じないし、
むしろ泣き声が聞こえると耳をすましてみたくなったりします。
でも、懐かし~と感じる反面、
ギューと胸が苦しくなるような感覚も。
マル太が生まれたばかりの頃、
育児への不安ばかりが大きくなって、
すやすや眠っている顔を見ながら
「次はいつ泣くんやろ・・・」と恐怖を感じたりしたこともありました。
初めての育児。
最初から楽しめる人もいるらしいですが、
私は本当に?と思ったりしてしまいます。
覚悟していたとはいえ、突然自分の時間がなくなって、
自分のリズムもなくなって、命を守る不安に襲われて、
母親は私しかいなくて。
その頃を思い出して、姿の見えないご近所さんに
「あっというまにその時は過ぎるけど、
そんなこと言われても毎日しんどいもんはしんどいですよね。
頑張り過ぎないでくださいね。」と
心の中で話しかけたりしています。
もしかしたらご近所さんは
最初から楽しく育児をされているかもしれないですが。


先日、セン次の支援学級の保護者交流会がありました。
それぞれの今の状況を伝え合ったりしたのですが、
終わってから一人のお母さんが私に話しかけてくれました。
以前から顔見知りで会えば挨拶しますが、
会話らしい会話をしたことがない方でした。
「私、同じやった」って。
その方はセン次と同じで小学生の頃、
学校で声を出すことができなかったそうです。
喉のあたりがうーんうーんとなるだけで声が出せなかった、
中学生になって突然話せるようになった、ということでした。
初めてセン次と同じ症状だった人に会いました。
機会があればどんなことが困ったのか、
どんなことがプレッシャーだったのか、
そんなことをゆっくり聞いてみたいと思いました。
それにしても今は信じられないくらい普通にお話されています。
あの樹木希林さんだって
小学生時代に自分の声を聞いた友達はいなかった、
とおっしゃっていたし、
セン次もいつか今のことが嘘のように
話せる日が来るのかもしれません。





ケンゾーにせがまれて

3学期。
参観、懇談3人分。
プラス次男の支援学級。
なので4人分ですね。
幼稚園も修了に向けて行事が増えるし、
今日は何時に誰の何があるんやっけ??
と毎日頭がごちゃごちゃです。
実は私、いろいろありまして
次年度の幼稚園PTA役員に決まっています。
しかも会長です。
どうなるんやろ、ほんまに。



さて、三男ケンゾーにせがまれて、
この冬はこんなものを作ってみたんです。

P1020835_convert_20190222232342.jpg

マフラー。
よく見るとツッコミどころ満載なので
よくは見ないでくださいね(笑)
編み物、裁縫は得意ではないというよりも苦手です。
家にある毛糸で編み始めたら
途中で青も白も足りなくなって、
買いに行ったら同じ色がなく・・・
途中から微妙に色が変わってます。
それにしても夏っぽい色になったな。
なんか寒そうやし・・・
これ、これ(↓)使って編みました。

P1020838_convert_20190222232122.jpg

100均で売ってた「ペットボトルホルダーメーカー」。
幼稚園で年長さんが毎年マフラー編むんですけど、
ケンゾーはまだ年中なので編めません。
でも羨ましいみたいで。
とりあえず今年は私が編んでみました。
出来が悪いとはいえ、
大人ですから園児たちよりは大作になりまして・・・
幼稚園に着けていくのはやめてます。
というか、最初の数日大事にされただけで、
今は放置されています。
来年は自分で作ってちゃんと大事にするんやでー。






ケンゾー発熱、マル太林間

インフルエンザ、私だけ引きずりましたよ。
子どもたちが元気になって、
登園・登校したら気が抜けてしまい・・・倦怠感再来。
掃除しなー、買い物行かなー、と思いながら
お迎えの時間まで横になるという有様でした。

で、私もようやく日常の生活に戻ったら、
なんと三男ケンゾーが再び高熱。
インフルエンザの熱が下がった1週間後。
インフルの症状が比較的軽めだったケンゾー。
今回の方が辛そうでした。
体力落ちてるところに遠足に行った先で
何かもらってきたんでしょうね。
病院へ行ったら、
まあ4日間は熱が下がらんかな~と言われ、
きっちり4日間下がりませんでした。
熱が下がった後も食欲が戻らず、機嫌も悪く、
なかなか幼稚園に行けない。
やっと復帰できました。
1学期も2学期も1日も幼稚園を休まなかった
ケンゾーでしたが1月は出席9日、欠席8日。
私の記憶では2年間くらい発熱がなかったのに
まさかの2週連続発熱。
しんどかったねー。


さて、ケンゾーが2回目の熱を出したその夜、
長男マル太は林間学習へ行っていました。
滋賀県北部へ、スキー体験に。
積雪量が足りなさそうなことも心配でしたが、
それより何よりインフルエンザで学級閉鎖寸前。
最悪当日朝に中止になるかもしれないという状況の中、
なんとか出発できました。
今までお泊り保育とかの経験もないですからね。
本人より私の方がドキドキしてしまいまして。
倦怠感の残る中、あれやこれやと準備して、
こんな服やったら寒いんちゃうかとか、
最近乗り物に弱いけどバスに酔わへんかとか、
心配し始めたらキリがなく・・・
そもそも私が林間とか修学旅行とか
行きたくないタイプなんですよね。
基本的に集団行動が苦手なもんで。
特に高校の修学旅行のスキーには嫌な思い出もあるし。
でもマル太は全然違うタイプ。
楽しみで仕方ないみたいで、
意気揚々と出かけて行きました。
行ってらっしゃいと送り出して、
もうなるようになるしかない!何も心配しない!
と決めたら、なんか急にめっちゃ寂しい。
マル太が今晩帰って来ないなんて。
思わずめそめそとしてしまいました。

次の日、熱のあるケンゾーを父に任せて
夕方手早く買い物をしていると小学校からメールが。
最後のSAを出発し、学校へ向かっています、と。
なんでかわからないけど、泣きそうになる。
ああ、ひとつ大きくなって帰ってくるんや!みたいな。
大げさですか?
私もこんな気持ちになるなんて想像してなかったんですよ。
で、スーパーから自転車で帰ってくると、
バスが到着する予定の道で校長先生が
待っていらっしゃいました。
どんなに早くてもあと40分くらいはかかると思うんですけどね。
学校にいてもそわそわしてしまうんでしょうね。
なんとなくわかります。

荷物を引きずるようにして帰ってきたマル太。
めっちゃ疲れた!めっちゃ楽しかった!そうです。
予想はしてたけど、パジャマ代わりに持たせた服のまま帰宅。
帰りに酔い止めを飲むタイミングがわからないので、
スポーツバッグにもリュックサックにも薬を入れて、
こことここと入ってるから!とあれだけ念押ししたのに
「薬どこか分からんかったから飲まんかったわ」って。
まあ帰りはずっと寝てたらしいし、
なんともなかったみたいなのでいいんですけど。
あとハンガー持って帰るの忘れてきてたりとか
いろいろありますが。
まあとにかく楽しかったみたいで良かったです。
欠席者が多いのは残念でしたけど。
2日間の出来事をひとしきり喋るだけ喋ったら、
お風呂も入らず、食事もせず、
昨日も寝たであろうその服のまま朝まで寝てしまいました。

今回の林間学習で思ったこと。
子供は親が思っているより強い、ですかね。




プロフィール

りるび。

Author:りるび。
パニック障害を乗り越えて、結婚。男の子3人の母。結婚生活を送る上で、子育てをする上で、物事の考え方に変化が。子供とともに成長中。
ダンナ(テン):天然で楽観主義。開業、転職を繰り返しどうにか落ち着く。
長男(マル太):何かと器用で飄々とした小学5年生。
次男(セン次):小学2年生。よく笑い、よく食べる。言葉と情緒、見守り中。
三男(ケンゾー):幼稚園年中。おませで口達者。でも甘えん坊。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
FC2ブログランキング
参加中です

FC2Blog Ranking